주요 기사 바로가기

サムスンのあごの下まで追い上げるアップル(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.28 10:17
0
サムスン電子を追うアップルの追撃が激しい。昨年発売された「iPhone6」の成功のおかげだ。四半期基準で過去最大の業績も期待される。中国の低価格製品の追撃とアップルの再跳躍に対抗しサムスンの足取りも速くなっている。

ウォールストリートジャーナルはアップルがサムスン電子のあごの下まで追い上げてきたと26日に報道した。サムスンは出荷台数基準で2011年第3四半期にアップルから「世界最大のスマートフォンメーカー」というタイトルを奪ってから1位を守ってきた。だが、主力商品の販売が振るわない上に中国とインドなど新興国市場で現地ブランドの激しい挑戦により市場シェアが減っている。これに対しアップルは画面を拡大したiPhone6が市場で人気を呼びサムスンとの格差を縮めている。

経済専門誌のフォーチュンがアナリストを対象に実施した調査で、アップルの昨年第4四半期(2014年9月28日~12月27日、アップルの会計基準ではこの期間は第1四半期だが他の会社の会計基準と合わせるため第4四半期とする)の販売台数は6650万台と予測された。前年同期比30%増えた数値だ。一部アナリストは販売台数が7000万台を超えるという見通しを出した。

これに対しサムスンは後退している。昨年第3四半期のサムスンのスマートフォン販売台数は7800万台だった。世界市場の25%を占めるもので、前年同期の34%に比べシェアが9ポイントも落ち込んだ。第4四半期の販売台数は第3四半期に比べてさらに減るものと予想された。サムスンは29日に昨年第4四半期の業績を発表する。市場調査会社カナリスのアナリストのクリス・ジョーンズ氏はウォールストリートジャーナルとのインタビューで、「サムスンが市場主導権を握ってから昨年第4四半期ほどアップルがサムスンを追いついたことはないだろう」と話した。

年間シェアでも格差は減っている。市場調査会社のトランスポスによると、世界のスマートフォン市場でサムスンのシェアは2013年の32.5%から昨年は28%に下がった。今年は26.6%と予想される。アップルは市場規模が大きくなったにもかかわらず16%台のシェアを着実に維持している。
サムス鎃のあごの下まで追い上げるアップル(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンのあごの下まで追い上げるアップル(1)

    2015.01.28 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    アップルのiPhone6(左)とサムスン電子のギャラクシーS5(右)
    TOP