주요 기사 바로가기

【グルメ】韓国戦争が生んだ料理、プデチゲ(2)ウンソン屋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.18 16:45
0
<ウンソン屋>

◆代表メニュー:サゴルブデチゲ(9000ウォン、約967円)、ヒレステーキ(150グラム/2万5000ウォン)、焼肉盛り合わせ(中/4万2000ウォン)

◆開店:1979年

◆特徴:ミンチ肉を使っている通常のプデチゲ店とは違い、こちらは2+等級の韓牛肩肉を切って入れる。出し汁はサゴル(牛の足の骨で煮出したスープ)を使い、ソーセージやハムも最良の物を使用するためにそれぞれ米国とデンマークから直取引で取り寄せている。35年間変わらずこの店を守っている70代の老夫婦の真心も、最上級の食材と同じくらい大切な隠し味だ。

◆住所:ソウル市龍山区漢江路(ヨンサング・ハンガンノ)84ギル11-16〔南営洞(ナミョンドン)40-4〕/電話番号:02-797-2855/座席数:56席/営業時間:午前11時30分~午後1時30分、午後4時30分~10時。土曜日は午後4時30分~10時(定休日:毎週日曜日)/駐車:近隣の有料駐車場(焼肉盛り合わせを注文した客には現金3000ウォン支給)
【グルメ】韓国戦争が生んだ料理、プデチゲ(1)テウ食堂


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グルメ】韓国戦争が生んだ料理、プデチゲ(2)ウンソン屋

    2014.12.18 16:45
    뉴스 메뉴 보기
    ウンソン屋プデチゲには大きく切った韓牛の肩肉が入っている。イ・ギョンジャ社長は、スパイシーな味を好む客のために辛味が強い青陽(チョンニャン)唐辛子も一緒に入れる。1、ウンソン屋の外観/2、84年の移転以来、ずっと今の場所で商売をしている。3、(左側から)プデチゲに入る2+韓牛、デンマーク産ハム、食堂の中央に韓牛取引確認書を置く筒の入れ物、追加用ラーメンではない一般のラーメン。
    TOP