주요 기사 바로가기

人口6億超のASEAN、韓国にとって大切な交易・外交パートナー(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.12.09 13:58
0
専門家たちはまた、長期的観点に立った対ASEAN戦略が必要だと口をそろえる。そのうちの1つは韓国の経済発展のノウハウを伝授することだ。韓国開発研究院(KDI)がミャンマーで推進しているミャンマー開発研究院(MDI)は良い事例だ。韓国科学技術研究院(KIST)はベトナムでベトナム科学技術研究院(VKIST)の設立を支援している。セマウル運動もASEANの低開発諸国にとっては魅力的だ。ASEAN諸国がセマウル運動と類似の政策を進めるためには、韓国の政府レベルの支援が必要だ。

韓国経済に占めるASEANの比重は、いち早い経済成長率と同じぐらい急速に拡大している。韓国の海外投資規模でもASEANは米国と中国に続き3番目で、昨年は38億ドルに達した。特にASEANの建設市場は韓国の建設企業に着実に孝行息子の役割を果たしている。建設受注額の規模は昨年143億ドルで、中東に続き2位を記録した。

ASEANの立場でも韓国は5番目に大きい交易相手国だ。5年ぶりに再び特別首脳会議が開かれるのも、こうした双方の急速な関係の発展を反映したのだ。日本の場合、2003年に続き10年ぶりとなる昨年に特別首脳会議を開いた。チェ・ジョンムン韓国・ASEAN特別首脳会議準備企画団長は「韓国がASEANに対して持っている固定観念から打ち破らなければならない。もはや多文化家庭、移住労働者、韓流に熱狂する人々とだけ認識していてはいけない」として「5年前のASEANの全体経済規模は韓国と似ていたが、今は2倍以上大きくなった。今後数年で中国の半分に近い規模に成長するだろう」と話した。

外交面でもASEANは韓国にとって特別な存在だ。北朝鮮もASEANの10カ国すべてと外交関係を樹立しているためだ。特にミャンマー・ベトナム・ラオスなどは先月、国連で採択された北朝鮮人権決議案に反対票を投じるほど北朝鮮と友好関係を維持している。北核問題などを解決するためには領域内で最も影響力のある協議体の1つ、ASEANの支持が必要なのだ。特にASEANは、ASEAN地域安保フォーラム(ARF)、ASEANプラス3首脳会議、東アジア首脳会議(EAS)など領域内の協議体として核心的な役割をつとめているだけに、国際舞台で韓国にとってASEANは重要だ。

◆実益を取る「ASEAN中心性」外交学ぶべき

ASEANの外交戦略も私たちに示唆するところが大きい。韓国が中堅国家としての役割を強調する外交戦略を繰り広げているが、これまで特別な成果を得られなかった。ASEANの場合「ASEAN中心性(Centrality)」という独特の戦略で、大きな成功を収めているという評価を受けている。この戦略は、ASEANの主導権を維持しながら状況の変化に柔軟に対応して最大の利益を勝ち取るというものだ。ASEANが対話の相手国を持続的に拡大しているのも、この戦略に沿ったものだ。

「ASEANプラス3(韓日中)」を通じてASEANは中国と日本が互いを牽制する力学構図を作った。その結果、日中両国がASEANでの影響力を拡大しようと努力したが結局、ASEANは依然としてその中心にいる。日中に比べて相対的に弱体である韓国も、その隙間を広げてASEANでの外交的な役割を広げようとしたが、今のところ成功的とは言えない。中国のグローバル・パワーが急激に膨張するとASEANはこれを牽制するために東アジア首脳会議に米国とロシアを編入させた。主導権を手放さないための妙手だった。ASEAN地域安保フォーラムには北朝鮮まで含めて包括的な安保協議体へと格上げさせた。(中央SUNDAY第404号)
人口6億超のASEAN、韓国にとって大切な交易・外交パートナー(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP