주요 기사 바로가기

日本の年金ファンドGPIF、今後1年間で韓国株2兆ウォン取得…韓国証券会社分析

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.04 10:19
0
世界最大規模の年金ファンドである日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など日本の機関投資家が今後最大2兆ウォン規模の韓国株を取得するだろうとの分析が出された。

ハナ大投証券は、「GPIFが今後12~15カ月間に韓国株に最大1兆6000億ウォン(約1718億円)を新規投資するだろう。GPIFの運用戦略に従う日本の国家公務員共済組合など他の公的年金3カ所の資金が増える場合、韓国株式市場への資金流入規模は最大2兆ウォンになる」と発表した。

GPIFは10月末に資産配分目標を修正し、海外株式投資比率目標を12%から25%に引き上げた。アクティブファンドが海外株式に投資する際に参考にする株価指数(ベンチマーク)もMSCIコクサイ・インデックスとMSCIエマージング・マーケット・インデックスからMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)に交替した。この結果新興国株式への投資割合は11%から12%に上昇した。新興国株式への追加投資金額は98億ドルだ。韓国の割合約14%を考慮すると1兆6000億ウォンが追加で韓国株式市場に流入すると推定される。ハナ大投証券のイ・ミソン研究員は、「GPIFの韓国株式新規投資は先月から始まったと推定される」と説明した。

韓国の債券市場には大きな影響はないものと分析された。ベンチマークとして先進国市場中心に構成されたWGBI指数を活用しているためだ。韓国の債券市場はWGBIに含まれていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP