주요 기사 바로가기

絶滅危惧種コウノトリ、河東・金海で4羽発見=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.26 15:31
0
今年3月、慶尚南道金海市(キョンサンナムド・キムヘシ)の花浦(ファポ)川に、韓国内で絶滅したコウノトリ1羽が飛来した。2012年4月に日本の兵庫県豊岡市で生まれたコウノトリ(J0051)だった。橋の認識票を確認した結果だ。豊岡市はかなり前からコウノトリの保護・繁殖活動を行っている。このコウノトリは生まれて2カ月後に巣を離れ、翌年12月に山口県長門市で冬を過ごした後、海を渡って金海まで飛んできた。住民らは近隣の烽下村と連携してコウノトリに「ポンスン」という名前をつけた。

ポンスンは花浦川や烽下村の畑でしばしばエサ取りをしていた。ポンスンは河東郡辰橋面(ハドングン・チンギョミョン)などでも目撃された。100キロ以上の距離を行き来してエサを探し回っているのだ。今月からは河東でほかのコウノトリ3羽も共に観察された。このうちの1羽は今年4月、韓国教員大学の青藍コウノトリ公園から脱け出した「B49」の認識票をつけたメスの「ミホ」だった。ミホは飼育係が足の認識票を交換する間に開いていたドアから逃げた。自然適応訓練を受けておらず、脱出当時は足に傷を負っていたため公園側はミホが死んだと推測していた。残りの2羽はロシアなどから来たオスと思われる。

鳥類研究者のドヨン僧侶は「コウノトリがつがいで一緒にエサ取りをしている姿がしばしば目撃された」として「これらがペアリングに成功した場合、韓国で2世が生まれて長期間とどまる可能性がある」と話した。

 
慶南道はコウノトリの保護に乗り出した。慶尚南道ラムサール環境財団は最近、「コウノトリ保護のための韓日ネットワークフォーラム」も開いた。韓日の専門家たちは19~22日にポンスンらがいる金海の花浦川や河東郡辰橋面(チンギョミョン)一帯を見て回った後、コウノトリ生息地の管理や改善案を議論した。ラムサール財団のイ・チャンウ事業支援チーム長(43)は「今後は韓日の自治体間のネットワークを構築して、安全な生息地の確保など多様な保護策をつくる」と話した。

国内に生息していたコウノトリは1971年、忠清北道(チュンチョンブクド)の陰城(ウムソン)で観察されたつがい1組が最後だった。

以後、オスは密猟者の犠牲になり、メスはソウル大公園に移されて1994年9月に死んだ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP