주요 기사 바로가기

日本語できず野次を受けた“バイト”歌手、日本舞台でシンデレラに(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.11.04 14:50
0
何よりも大変だったのは歌に対する負担だった。彼女が歌う「メモリー(memory)」は歌1曲で勝負する「キャッツ」の代表曲だったからだ。あまりにも多くの練習をし、首の筋肉が記憶するほどだったが、25歳の彼女が人生の喜怒哀楽が込められた曲をこなすのは決して容易なことではなかった。同じ歌を毎日、2年以上も歌い、機械になるような感じのため、やめたいと思うことも多かった。しかし彼女はあきらめず、歌詞の意味を分析することに集中した。歌に込められた香りと味、臭いまで体で感じて歌うことができるまで。このように完成されたキム・ジヒョンの「メモリー」は多くの日本人の胸に響いた。最も苦しんだ歌が結局、彼女を輝かせたのだ。このようにキム・ジヒョンは『キャッツ』だけで700回、『ライオンキング』でラフィキ役で800回の公演という大記録を作り、四季の看板女優となった。公演のたびに熱狂ファンを雲のようにつれて歩くほどだった。

当時引き受けた配役は「この役だけは絶対に避けたい」というのがほとんどだった。ある時は1週間、一日に1作品ずつ4つの作品に同時出演してほしいという無理な要求を受けたりもした。それなりに哀訴もしてみたが、劇団四季で代表の指示は“法”と変わらなかった。情熱と意欲がとうてい出てこない状況を数えきれないほど経験した。多くの人はこのような時、「非難されない程度に適当に」を選択する。しかしキム・ジヒョンはそのたびに責任感に創意性まで加える。「どうすればこれをもっとおもしろくできるだろうか」を楽しく研究する。他の人たちが要求しないレベルの努力まで追加するのだ。年間200回以上の公演で10年間、6回も声帯結節が発生し、ストレスのため円形脱毛症や胃潰瘍に苦しむ時期もあった。しかしその臨界点を越えた瞬間、他人とは違う部分が生まれる。これはそのまま彼女の貴重な資産となった。「適当に」はその瞬間は楽だが、実際に組織を出れば何も残らない。

「あまりにも嫌で自分はできないと思うたびに、自分にふりかかるこの事件にどういう意味があるのかといつも考えた。時には『自分にしかできないから』という自負心で解釈したり、試練を通じて謙虚になれという意味として受け止めたりもした。意味を理解すれば自ら道を探し出せた。結果的にその数多くの試練のおかげで今までくることができたようだ」。

◆日本にゴスペルヒーリングセンターをつくるのが夢

彼女はランダムに吹く人生の暴風を解釈する力が普通でない。他の人たちが拒否してもがく時、彼女はむしろ抱き込み、長時間かけて静かに眠らせた。その力のほとんどが信仰だ。信仰の篤いクリスチャンであるキム・ジヒョンは苦難を神の意と解釈し、その裏に隠された希望を見いだした。人は誰でもどこかで暴風を解釈する力を借りなければいけない。どうせなら外のメンターや占いではなく、自分の心から持ってくるのがよいのではないだろうか。そのような面で彼女は成熟した信仰人として心の力をうまく活用してきたようだ。

キム・ジヒョンは劇団四季から出た後、日本と韓国の舞台で活動すると同時に、日本国内にゴスペル合唱団を作って活動している。感情を抑えるのが日常の日本人はゴスペルを歌いながらうつ病を克服していくケースが少なくないという。さらに進んで彼女の夢は日本に「ゴスペルヒーリングセンター」をつくることだ。歌はもちろんヨガ・カウンセリング・ダンスまでミュージカル女優として磨いたすべてのもので人の心を治癒したいという彼女。秋の風がかすめていく女優の後ろ姿は今もひたすら美しい。 (中央SUNDAY第399号)

キム・ミギョン・ダブリューインサイツ代表
日本語できず野次を受けた“バイト”歌手、日本舞台でシンデレラに(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP