주요 기사 바로가기

韓国人以上のシルム愛…巨漢米国人選手の「天下壮士への夢」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.30 15:34
0
身長2メートル33センチ。向かい合って立つと相当な威圧感だ。2階にいる人を見上げるような感覚だった。彼は握手を交わすと「ここの上の空気はとても澄んでいますがそちらはどうですか」と冗談を言って大笑いした。「誰にでも親切で快活な友人」という大韓シルム協会のキム・ビョンホン実務副会長の説明そのままだった。

米国人のカーティス・ジョンソンさん(34)は特異な経歴の持ち主だ。身長2メートル33センチ・体重190キロ、靴のサイズ40センチの巨体だ。だが、シルム(韓国相撲)をする。体格のために「歴代最長身力士」というタイトルを獲得したがそれがすべてではない。シルム人は彼について「会うほどに魅力的」と口をそろえる。米国人ながらもシルムに対する愛情が韓国人に劣らないためだ。

今月28日、済州(チェジュ)国際空港入国ゲートで会ったジョンソンさんは「毎年韓国に来る。今年も6週間の訪韓のために職場の年間休暇に無給休暇まで追加申請した。だが、全く後悔はしていない」と話した。

ジョンソンさんがシルムと恋に落ちたのは2010年だ。米国ニュージャージーで開かれたシルム大会に偶然参加したのがきっかけだった。シルムの躍動性や多彩な技術に魅了されたジョンソンさんは、その後コーチを選任して一週間に2~3回ずつ訓練して基礎を作った。そしてそれから9カ月後のニューヨーク(NY)大会で優勝した。2011年からは毎年韓国で開かれる天下壮士大会にも出場している。巨体を活かして押さえつけたり力で押し出したりすることしか知らなかった2011年と2012年大会では早々と脱落したが、昨年は天下壮士64強に入り、世界特別壮士大会3位に入賞した。

シルムの魅力について、ジョンソンさんは「どんなスポーツよりも礼儀正しい(polite)種目で、運動の原理も科学的なため」と答えた。「試合では勝った選手が倒れた選手に手を差し出して立たせるのが礼儀として固定化した。これまでバスケットボール、アメリカンフットボール、野球などさまざまなスポーツに接してきたが、こんなふうに敗者を配慮する種目は見たことがない。人間味が感じられる」というのがジョンソンさんの説明だ。
韓国人以上のシル肃愛…巨漢米国人選手の「天下壮士への夢」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人以上のシルム愛…巨漢米国人選手の「天下壮士への夢」(1)

    2014.10.30 15:34
    뉴스 메뉴 보기
    今月24日、イ・ポンゴル氏のお見舞いのため病院を訪れたジョンソンさん。
    TOP