주요 기사 바로가기

【取材日記】エボラ恐怖を振り切ったオバマの抱擁

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.28 10:53
0
エボラは死と同義語だ。かかれば死亡する確率が50%を超える。しっかりした治療薬さえない。恐怖は理性を狂わせる。エボラは症状を見せている患者の体液に直接接触した時だけ感染する。だが、これをありのままに信じようとはしない。学校は門を閉め、人々はお互いを避ける。エボラよりも、エボラに対する恐怖が社会にまん延している。

今月初めリベリアから帰ってきた後にエボラ症状が出たトーマス・エリック・ダンカン氏が亡くなり、彼を世話した看護師2人が続けてエボラに感染すると、米国内のエボラ恐怖は雪だるま式に大きくなった。その上最近ではニューヨークでもエボラが確認された。人口だけで800万人を超え、公共交通利用率が高い米国の最大都市ニューヨークのエボラ発生は次元が違う問題だ。恐怖が広がる良い土壌に出会ったも同じだ。

大衆の恐怖を利用する政治家がいないはずがない。米国政界ではエボラ流布国から米国に入ってこられなくする入国制限の主張が気勢を上げている。ニューヨーク・ニュージャージー州などではエボラ地域に行ってきた医療スタッフらを強制隔離させる措置に入った。病気と闘ってきた人類の歴史は、エボラ地域の孤立がより大きな災難を招くと教えてくれる。急いで治療しなければならない人々が隠れてしまう結果を招くからだ。しかし保健専門家たちのこうした見解を攻撃する政治家が増えている。

 
こうした議論の中で1枚の写真が人々の目線をとらえた。オバマ大統領が24日(現地時間)、ホワイトハウス執務室で看護師ニーナ・ファムさんと抱擁している姿だ。ダンカン氏を看護してエボラ出血熱にかかったファムさんが完治判定を受けて病院を出てから直後のことだった。ホワイトハウスのジョージ・アーネスト報道官は「大統領はファムさんを抱擁してエボラウイルスに感染するかも知れないという心配を全くしなかった」と話した。

この日の抱擁は多分、計算されたものだ。米国保健当局がエボラを治療でき、完治したら感染の危険がないということを大統領が直接体で示したのだ。エボラ恐怖は誇張されたものだから安心しろとの大統領のメッセージだ。

実際、オバマ陣営にとっては政治的にこうした場面が切実だったのかもしれない。エボラ対策が来月の中間選挙の争点に浮上した中でオバマの支持率が落ちているからだ。そうだったとしても恐怖に対抗するリーダーシップの意味が切り下げられることはない。

オバマ大統領は25日の週例演説で「恐怖に左右されず、科学と事実によって判断しなければならない」と話した。ファムさんの抱擁を通じて、自身がそれを実践した。恐怖と不信が国民の中にまん延している時に大統領が直接出なければならない所は、米国だけだろうか。

イ・サンリョル ニューヨーク特派員

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP