주요 기사 바로가기

米国看護師またエボラ…オバマ・キャメロンら緊急テレビ会議(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.16 10:07
0
米国内で初のエボラ死亡患者を治療した医療スタッフが15日(現地時間)、2番目に確診判定を受けて隔離収容された。アンバー・ヴィンソンさんという名前のテキサス・ヘルス・プレズビテリアン病院所属のこの看護師は、エボラ症状を訴える直前の13日にオハイオ州クリーブランドからダラスに移動する飛行機に搭乗したことが明らかになった。これを受けて米疾病対策センター(CDC)は他の搭乗客132人の感染状況の把握にも乗り出した。CDCはヴィンスンさんは機内ではエボラ症状を表さなかったと明らかにしたが、ダラス医療当局は「より大きな危機状況が発生する可能性が現実的に非常に高い」と懸念を示した。

バラク・オバマ大統領とデービッド・キャメロン英国首相、フランソワ・オランド仏大統領、アンゲラ・メルケル独首相、マッテオ・レンツィ伊首相は15日、テレビ会議でエボラを緊急議題として取り上げた。

エボラの恐怖が米国だけでなく全世界に広まったことで、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長とキム・ヨン世界銀行総裁はエボラとの全面戦争を宣言した。

 
今月9日、米国ワシントンD.C.で開かれた世界銀行・国際通貨基金の年次総会場に2人は同席し、エボラに関する強硬対応を注文した。

潘総長は「恐怖の最高治療剤は緊急の対応」としながら「(今の)20倍の資源動員が必要だ」と強調した。キム総裁は「より多くの医療センターが西アフリカ地域の中に設置されなければならない」とし「国境封鎖のような方法は(エボラ阻止に)通用しない」と主張した。潘総長がトップをつとめる国連には力も資金もない。ウクライナ情勢のように強大国の利害関係が正面対立した地域紛争では柔弱な姿だけを示した。しかし、エボラが猛威をを振るい始めると、潘総長は誰よりも積極的に動いた。9月には米国と共に国連安全保障理事会のエボラ拡散防止支援決議案を引き出した。この決議案は総会で加盟国130カ国から支持を受けた。国連安保理史上、最も高い水準の支持だ。


米国看護師またエボラ…オバマ・キャメロンら緊急テレビ会議(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP