주요 기사 바로가기

イ・ビョンホン脅迫、「家購入」をめぐって異なる証言…なぜ?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.10.16 17:10
0
モデルのイ・ジヨンと歌手ダヒが、法廷でイ・ビョンホンの性的関係の要求について口を開いた。

16日午前、ソウル瑞草区(ソチョグ)のソウル中央地方裁判所西館523号法廷で開かれたイ・ビョンホン脅迫事件の初公判には、グループGLAMのダヒ(20、本名キム・ダヒ)とモデルのイ・ジヨン(24)が出廷した。2人は「50億ウォン(約5億円)」の要求事実は認めたが、一部で間違っている内容があると主張した。

これに先立ちイ・ジヨンとダヒの2人は、イ・ビョンホンに対してわい談動画を流布するとして50億ウォンを要求した容疑(恐喝脅迫)で拘束起訴された。

事件の当事者であるイ・ビョンホンは、この場に現れなかった。

2人はイ・ビョンホンに50億ウォンを要求した事実は認めたが、その過程で事実と違う内容が知らされたと声を高めた。

イ・ジヨン側の弁護人は「イ氏はイ・ビョンホンとすでに抱擁以上のことを交わす関係だった」と話した。さらに「イ・ビョンホンがさらに深いスキンシップを要求する過程で、イ氏がこれを断るとすぐに別れの知らせを送ってきた」と、ますます程度の高い性的関係を要求していたと話した。

ダヒ側の弁護人は「親しいイ・ジヨンさんがもてあそばれると思い、そうならないようにやったこと」と話した。イ・ビョンホンの映像を撮ったと明らかになったダヒは、イ・ジヨンと共にイ・ビョンホンのわい談映像をこっそりと撮った後、これを口実に50億ウォンを要求した。

イ・ジヨン側は「イ・ビョンホンがイ・ジヨンに先に接近して、家を探してみろという感じで語った」として、イ・ビョンホンが性的関係を要求する過程でイ・ジヨンの同居人を意識して先に提案したものだと明らかにした。さらに「以前からさらに濃いスキンシップがあったし、性的関係を断る過程で言い争いがあった。するとイ・ビョンホンが別れを知らせてきた」と主張した。

一方、検察は来月11月11日午後2時に開く第2次公判にイ・ビョンホンを証人として申請し、検察の要請により非公開の証人尋問が行われる。イ・ビョンホンは現在、法廷出席の有無について論議中だという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イ・ビョンホン脅迫、「家購入」をめぐって異なる証言…なぜ?

    2014.10.16 17:10
    뉴스 메뉴 보기
    俳優のイ・ビョンホン
    TOP