주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の日本理解(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.16 08:55
0
『茲山魚譜』翻訳にまつわる事由は鮮明だ。日本の韓国理解は古くて多様だ。その執念は弛まない。崔書勉(チェ・ソミョン)博士は韓日関係史の権威者だ。彼は4月の特別講演(「私の韓日関係研究50年を回顧して」)でこのように述べた。「日本国会図書館で韓国関連本を読んでいると、日本人が韓国について広く深く研究したのを知って驚いた」--。

日本で韓流が冷めていく。韓流は逆説の成功だ。金大中(キム・デジュン)政権当時の1998年、日本の大衆文化が開放された。当時、倭色文化の浸透を心配する声が強かった。主導者のほとんどは日本に対する悲憤慷慨に慣れていた。しかし状況は逆に展開した。韓国大衆文化は日本を奇襲した。その主役は悲憤慷慨に慣れていない世代だった。日本の韓流はK-POPに拡張された。

文化は政治・外交に影響を受ける。韓日文化交流ではなおさら敏感だ。両国関係は冷却期だ。韓流は停滞した状態だ。日本国内の親韓勢力も委縮した。過去の全盛期の文化韓流は政治外交と分けられた。韓流の主演は思う存分、日本人の生活の中に入った。韓国の若い世代の文化伝播力は卓越した。彼らは韓国の日本理解に活力を吹き込んだ。

安倍晋三首相の歴史退行は執拗だ。彼の歴史歪曲姿勢は頑強だ。「軍慰安婦強制動員」の事実を絶えず一蹴する。安倍政権の国策方向は軍国・国粋主義だ。中国の大国化はその流れを催促する。それに対する長・短期対策が必要だ。北東アジアの秩序の変化は日本理解の深さを要求する。日本情報蓄積の情熱を磨かなければならない。

私たちの外交は正面突破を追求する。しかし迂回包囲、空中落下戦略も一緒にしなければならない。迂回攻略は文化で成り立つ。文化は繊細な圧迫武器だ。文化は歴史戦争の勝利を保障する。

先週ワシントンで崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)副総理は麻生太郎日本副総理に会った。2人は政経分離を確認した。文化分野も政治から分離しなければならない。日本理解が韓流熱気を復活させる。文化情報の蓄積が過去の歴史勝敗を決める。

パク・ボギュン論説委員
【コラム】韓国の日本理解(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP