주요 기사 바로가기

俳優ソン・イルグク、安重根息子の親日行為に衝撃…「作品出演悩んだ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.15 14:23
0
俳優ソン・イルグク(43)が安重根(アン・ジュングン)義士の息子・安俊生(アン・ジュンセン)の親日行為のために出演を悩んだと打ち明けた。

ソン・イルグクは14日、ソウル鍾路区東崇洞(チョンノグ・トンスンドン)の東崇教会で行われた演劇『私は君だ』の製作発表会でこのように打ち明けた。

ソン・イルグクは「『私は君だ』初演の時、戯曲を通じて安重根義士の息子・安俊生が親日行為を行っていた事実を知った。伊藤博文の息子に謝罪して孫と義兄弟関係を結んだと聞いた」と話し始めた。

ソン・イルグクは続いて「伊藤博文の息子の伊藤文吉に会って謝罪したことを知り、ショックが大きくて演劇をするべきかどうか悩んだ」とし「その上、初めての演劇作品で1人2役だった。それでも戯曲を読んでこれはやらなければならないと感じて挑戦することにした」と話した。

演劇『私は君だ』は大韓義軍中将の安重根の人生と、徹底して歴史の中に捨てられてきた安重根の息子・安俊生を描いた作品。ソン・イルグクは1人2役で安重根義士と彼の息子の安俊生を演じる。安重根義士の母親役はパク・ジョンジャ、妻のキム・アリョ役はペ・ヘソンが引き受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優ソン・イルグク、安重根息子の親日行為に衝撃…「作品出演悩んだ」

    2014.10.15 14:23
    뉴스 메뉴 보기
    演劇『私は君だ』ポスター
    TOP