주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の景気、座して死ぬのか戦って死ぬのか(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.13 14:12
0
経済が厳しくなると、崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済チームは金融と財政を合わせる浮揚策を用意した。多くの警告と懸念が出てきた。実際、浮揚策が一時的な効果に終わり、家計負債ばかり増加する危険がある。政府が赤字を甘受して支出を増やし、景気は回復せず、最後の砦である財政を崩壊させるおそれもある。

いつもそうだったように韓銀は慎重だ。危機を迎える度に前から突破するよりは後ろを追った韓銀だ。今回も政府と手足を合わせながらも、「私は警告した」に片足を残している。李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は「財政拡大と利下げでは限界がある」と述べた。政界も浮揚策に友好的でない。野党はもちろん、与党からも違う発言が出てくる。金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表は財政拡大などに懸念の声を出した。国会で法が通過してこそ浮揚策は作動することを考えると、尋常でない。

政府も韓銀や与党が指摘する浮揚策の限界をよく知っている。心配だが、代案がないため表情に出さないだけだ。企画財政部の関係者は「構造改革に多くの時間がかかるだけに、今は浮揚策に頼る」と話した。浮揚策が消費・投資増大につながらなければ、3-4カ月後、景気はさらに沈滞する可能性がある。その時には適当な政策カードもない。「座して死ぬのか、戦って死ぬのか」と思わせるほど切迫している。

玄オ錫(ヒョン・オソク)元副総理当時は左顧右眄したため何も結果がないという指摘が多かった。そのためか崔ギョン煥副総理は過度に果敢に強行している。今は本当の批判が必要だが、「私は警告した」を念頭に置いた指摘は役に立たない。「そんなことが可能か」というような皮肉はなおさらだ。わらをもつかむ心情で崔ギョン煥経済チームを後押しするのが現実的な選択であるようだ。たとえ最善策ではなくとも。

コ・ヒョンゴン編集局長代理
【コラム】韓国の景気、座して死ぬのか戦って死ぬのか(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP