주요 기사 바로가기

「朴大統領、挑発には断固対処するが対話動力は生かす」(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.10.12 12:27
0
金正恩の身辺について与党関係者は、「韓国政府は北朝鮮でクーデターが起きたり、金正恩の権力体制に異常が発生したものではないとみている」と話した。「北朝鮮の実力者3人の電撃韓国訪問やNLL侵犯、漣川銃撃はすべて金正恩の裁可を受けて行なわれた措置であるのは明らかで、これは彼の権力に異常がないということを確認してくれるもの」ということだ。続けて、「金正恩がかかったという痛風はすぐに良くなる病気ではない上、患っている渦中に軍事訓練参観など無理な行動を続けて足首をくじき、外国人医師を多く呼び寄せて手術を受けただけに入院期間は長くなるほかないだろう」とした。

彼は、「外国人医師らはほとんど帰ったが、11日現在までロシアから来た医師1人が北朝鮮にとどまっていると伝えられており、金正恩は彼から追加治療を受け病床で執務を行っている状態と推定される」と話した。

ニューヨークタイムズなど米国メディアと米国の一部元官僚らが「金正恩が精神病を患っている」「妹の金汝貞(キム・ヨジョン)が一時的に北朝鮮を代理統治している」と主張したことに対しても、同関係者は「米国メディアや元官僚らは北朝鮮情報に対する接近能力が深くなく、指向がほとんど保守的であることを考慮しなければならない」として一蹴した。米ホワイトハウスも10日、「北朝鮮のクーデターと関連したデマは誤りとみられる」とし、金正恩の権力に異常が生じた可能性は低いという立場を表明した。

北朝鮮では11日も金正恩は姿を表わさなかった。先月3日に牡丹峰(モランボン)楽団音楽会出席以来38日連続だ。朝鮮中央通信はこの日開かれた党創建記念全国道対抗群衆体育大会閉幕式に崔竜海(チェ・ヨンヘ)秘書ら高官が参加した事実を報道し北朝鮮が平穏な状況であることを印象づけた。しかし党機関紙の労働新聞の見出しに金正恩の名前が3日連続でまったく言及されないなど異例な状況も見られる。

一方、朴大統領は13日に統一準備委員会会議を終えた後、14日にはイタリア・ミラノで開かれる第10回アジア欧州会議(ASEM)首脳会談に出席するため出国する。(中央SUNDAY第396号)
「朴大統領、挑発には断固対処するが対話動力は生ꦂす」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP