주요 기사 바로가기

俳優チャ・スンウォン、夫人のエッセイ虚偽記述問題に謝罪…「ノアのための小さな嘘」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.10.08 10:18
0
俳優チャ・スンウォンが夫人イ・スジンさんのエッセイ虚偽記述問題に対して繰り返し謝罪した。

チャ・スンウォンは最近、あるメディアとのインタビューを通じて「私も妻もノアのために小さな嘘をついたというのは認める。すべての方にお詫びする」と明らかにした。また、「当時、すべてをお話できなかったということについて、多くの方々が配慮下さればと思う」と訴えた。

これに先立ち、一般人男性のAさんは自身がチャ・ノアさんの実父だとし、今年7月ソウル中央地方裁判所にチャ・スンウォンと夫人イ・スジンさんを相手取り1億ウォン(約1012万円)相当の損害賠償訴訟を請求した。チャ・スンウォンは同訴訟に関連し、公式立場を明らかにした状態だ。

Aさんは告訴状で「(私は)チャ・スンウォン夫人のイ・スジンさんと長い間の交際の末1988年3月に結婚し、同年5月に(チャ・)ノアが生まれた。その後1992年5月に協議離婚した」と話したのに続き、「チャ・スンウォン夫婦の嘘に腹が立ち訴訟を起こした」と主張した。

Aさんはイ・スジンさんが1999年出版したエッセイに記された内容を指摘しながら「ノアがチャ・スンウォンとの間でできた実子のように描写されていて、本人の名誉が毀損された。

チャ・スンウォンがそばで見守って助けた等描写して卑劣だと思った」と話した。

一方、問題になったエッセイにはチャ・スンウォンの夫人イ・スジンさんが大学在学中に高校生だったチャ・スンウォンと初めて出会うエピソードとともに2人が1989年に結婚して息子ノアさんを生んだと書かれている。

これと関連し、チャ・スンウォン側は「22年前に結婚し、当時夫人と離婚した元夫の間に生まれた3歳の子供もともに家族になった。チャ・スンウォンはノアを心で産んだ自分の息子だと堅く信じ、今でもその時の選択を後悔していない」と立場を明らかにしていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優チャ・スンウォン、夫人のエッセイ虚偽記述問題に謝罪…「ノアのための小さな嘘」

    2014.10.08 10:18
    뉴스 메뉴 보기
    俳優のチャ・スンウォン
    TOP