주요 기사 바로가기

北朝鮮代表団「時間の関係上青瓦台訪問は難しい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.05 09:48
0
統一部は4日、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長ら北朝鮮代表団の訪韓と関連し、「朴槿恵(パク・クネ)大統領は北朝鮮側代表団に会う用意があったが、時間の関係上実現できなかった」と明らかにした。

統一部のミン・ビョンチョル報道官はこの日夕方に開かれた会見で、「北朝鮮代表団に青瓦台(チョンワデ、大統領府)を表敬訪問する意志があるならわれわれは準備する意志があると伝えたところ、北朝鮮側はこれに対し時間の関係上難しいと答えた」と述べた。

また、「北朝鮮代表団は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の親書は持ってこなかった。北朝鮮側代表団に対する朴槿恵大統領の対北朝鮮メッセージもなかった」と説明した。ミン報道官はこれについて、「今回の会談は特定の懸案を持って協議するものではなかったため、それに対する特別な言及もなかった」と伝えた。

以下は4日午後6時に行われたミン・ビョンチョル報道官の追加会見内容。

――北朝鮮側代表団は青瓦台を表敬訪問するか。

「(昼食会などで)韓国側が『青瓦台を訪問する意向があるなら準備する意志がある』と尋ねたが、これに対し北朝鮮側は『時間の関係上難しい』と答えた。今回の会談は特定懸案を持って協議したものではなかった。それに対する言及もなかった」

――朴槿恵大統領の対北朝鮮メッセージはあったか?

「そうしたものはなかった」

――5・24制裁措置解除や金剛山(クムガンサン)観光再開などは議論されたか?

「今回は特定懸案を持って協議したものではなかったため、そうした懸案に対する議論はなかった」

――今後高官級会談に対する条件はあったか?

「なかった。以前の代表級会談と同様と考えられる」。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP