주요 기사 바로가기

新卒者は毎年48万人あふれるが…第二新卒47万人が待機=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.30 16:59
0
チェさん(25、女性)は今年、SPA(生産者が流通・販売まで一括するブランド)ファッション会社を退職し、就業戦線に飛び込んだ。入社して2年目だ。今は旅行会社や消費財会社などに志願している。会社の処遇に満足していなかったうえ、以前からやりたかったブランドマネージャーに対する欲があったからだ。チェさんは「『問題なく通っていた会社をなぜやめるのか』という親と言い争いになり、独立までした」とし「退職金400万ウォン(約42万円)を生活費やTOEICの受験料などにあてている」と話した。

高麗大機械工学科4年のチン・ヒソプさん(24)の悩みを抱える。チンさんは現在、現代車グループ(R&D)、サムスン物産建設部門、デリム産業(プラント職群)など20社に願書を出した。TOEICのスコアが945点と、学科内で秀才という声も聞いたチンさんだったが、採用を前提としたインターンシップの性格・適性検査でいくつか不合格の判定を受けた。チンさんは「自分ではそれなりに“高スペック”と思っていたが、実力がある先輩がまた試験を受けるため、就職はさらに難しくなっているようだ」と語った。

「第二新卒」と「新卒」 が1対1の時代だ。一度就職をした後、また採用市場に戻ってきたいわゆる「第二新卒」が増えているからだ。中央日報が教育部と韓国職業能力開発院の資料を分析した結果、第二新卒の規模(6月末基準)は約47万5271人だった。大学4年生など新しく採用市場に入ってくる新卒(48万4729人)とほぼ同じだ。一方、新入社員採用規模は減った。このために主な企業の入社競争率は上昇している。

今年上半期、大宇インターナショナルでは76人が採用された。うち31人がすでに卒業した「第二新卒」だ。競争率34倍が新卒者には70倍以上と感じられる理由だ。同社のクォン・テヨン次長は「海外勤務と自己啓発の機会が多い会社という点のため、在職する職員に助言を求める求職者の後輩が多い」と話した。LGのある系列会社の関係者は「今年下半期の2けた採用に数千人が集まり、競争率を公開できない状況」と語った。

大学の図書館にはすでに卒業した人の姿も見られる。29日に淑明女子大の図書館で会ったユン・ソラさん(23)は「閲覧室の1階で約60人が勉強をしていたが、5人ほどはすでに卒業した人だった」とし「みんなTOEICの本や適性検査の本を積んで就職の準備をしている」と話した。
新卒者は毎年48万人あふれるが…第二新卒47万人が待機=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP