주요 기사 바로가기

生活の中に入り込むロボット技術…韓国の水準は(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.30 13:27
0
1/2
駐車場・通りの巡察するセキュリティーロボット「K5」
◆アマゾンの物流管理ロボット、年9億ドル削減

国際ロボット連盟(IFR)とワールドロボティックスなどによると、ロボット市場でサービスロボットが占める割合は2003年の14.3%(約6億3400万ドル)から2012年には34.9%(約46億4500万ドル)に大きくなった。サービスロボットは主に家事を支援したり、福祉や子どもの面倒を見るために使われるもので、産業用ロボットよりも日常生活にはるかに接している。生活密着型ロボット時代が本格的に開かれているという意味だ。

セキュリティや物流、手術など新たな分野での活用割合も拡大している傾向だ。米国のベンチャー企業ナイトスコープはパトロールと犯罪予防を目的とした移動型ロボットを開発した。約1メートル50センチメートルの玉子形で車輪がついたこのロボットは赤外線カメラ、自動車ナンバープレート認識センサー、レーダーなどの装備を持つ。通りや駐車場を回り自らのセンサーを通じて既に入力された情報と異なる情報を感知するとセキュリティ会社に危険信号を送る形だ。2003年に腎臓・前立腺手術用に開発された「ダビンチ」は最小限の切開で精巧な手術が可能で、現在までに世界で約60万件の手術を成功させた。ウォールストリートジャーナルは、アマゾンが昨年買収したキバシステムの物流管理ロボットを実際に物流センターに導入して年間9億1600万ドルのコストを節減できたと分析した。こうしたロボットの潜在的事業性を認知したグローバルIT企業の投資も大きく膨らんだ。直接ロボット開発に乗り出したり、自社のITノウハウとロボット産業のシナジー効果を期待し積極的な買収合併(M&A)に出ているのだ。世界最大のIT企業グーグルは昨年実施した企業買収21件のうち8件がボストンダイナミックを含めたロボットメーカーだった。グーグルのロボット事業を率いるアンディ・ルービン副社長はロボット事業について、「10年先を見据えた長期ビジョンだ」と説明した。

インテルは今月初めに開かれたインテル開発者フォーラムで、3Dプリンターを活用して一般顧客が直接組み立てられるロボット「ジミー」を公開した。組み立てセット価格は1600ドル水準だ。このロボットはプログラムがオープンソース基盤で公開されており、ユーザーが好みに合わせて主要機能を変形できる。日本のソフトバンクも昨年ロボット開発部門であるアスラテックを設立してロボット産業進出を宣言したのに続き、今年5月には世界で初めて感情を解釈できる機能を持つヒューマノイドロボットの「ペッパー」を公開した。このほかアマゾンはロボットを活用した無人宅配事業を試験中だ。

世界のIT企業がこのように競争的にロボット産業に飛び込んでいるのは、プラットフォームの先取りという側面もある。ロボットはスマートフォンのようにハードウェアほどにソフトウェアの性能が重要だ。中でもハードウェア管理、各種アプリケーション実行を担当する基本ソフト(OS)は核心だ。どのようなOSを搭載するかによりロボットの活用範囲が変わるためだ。企業の立場では多様なロボットにすべて適用されるOSを作ればロボットソフトウェア産業のプラットフォームを支配できる。

◆グーグルの昨年の企業買収、21件中8件がロボット会社

KT経済経営研究所のキム・テジン専任研究員は、「現在のロボットソフトウェアプラットフォーム競争はまるでスマートフォン初期のOS市場を彷彿とさせる。特にグーグルは既存の自社プラットフォームと連動するロボットOSを掲げグーグルプレーアプリ販売手数料と広告収益増加を期待している」と分析した。

マッキンゼーの報告書によると、ロボット市場の規模は10年後には最大4兆5000億ドル規模に成長する見通しだ。新たな生態系を切り開いたアップルのiPhoneのようにロボット分野でも近い将来革新的な製品が登場し、私たちの生活を画期的に変えていくというのが専門家らの予想だ。

だが、韓国のロボット技術は先進国に比べ後れている。韓国が初めてロボット技術開発に参入した年は1990年で、日本や米国などに比べ30年以上遅い。韓国産業技術評価管理院(KEIT)が調査した「2013年産業技術水準調査報告書」によると、米国のロボット技術水準を100とした時に韓国は81.1にとどまっている。日本は96.9、欧州は93.2だ。

韓国ロボット産業振興院のペク・ボンヒョン政策企画室長は、「ロボット産業が雇用を減少させるという偏見があるが、最近の実証研究を見れば付加価値、生産誘発、雇用誘発効果などは製造業の平均より高いことがわかった市場が急速に大きくなっているだけに、グローバル化を念頭に置いてロボット産業育成政策を展開する必要がある」と助言した。
生活の中に入り込むロボット技術…韓国の水準は(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP