주요 기사 바로가기

<アジア大会>涙があふれたアーチェリー競技場(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.29 10:28
0
アジア競技大会アーチェリー競技が行われた桂陽アジア競技アーチェリー場は涙の海となった。チョン・ダソミ(24、現代百貨店)、チャン・ヘジン(27、LH)、イ・トゥクヨン(25、光州広域市庁)が出場した女子リカーブ韓国代表は団体戦の決勝で中国をセットスコア6-0で破り、金メダルを獲得した。1998年バンコクアジア競技大会から5大会連続優勝。3人の選手は最年長のチュ・ヒョンジョン(32、現代モービス)を抱きしめて涙を流した。

大韓アーチェリー協会は国際大会の成績と今大会の予選の成績を合わせてチョン・ダソミ、チャン・ヘジン、チュ・ヒョンジョンを団体戦の代表に選んだ。しかし3位のチュ・ヒョンジョンは出場権を後輩のイ・トゥクヨンに譲った。右肩の痛みのためだ。出場は可能だったが、影響が出るかもしれないと考えたチュ・ヒョンジョンは予選を終えた後、コーチングスタッフに自分の考えを伝えた。コーチングスタッフは一日さらに考える時間を与えたが、チュ・ヒョンジョンの心は変わらなかった。「私が譲ればイ・トゥクヨンにさらにプレッシャーがかかるのでは、これが本当にチームのための決定だろうかと、いろいろ悩んだ。それでも考えは変わらなかった」。イ・トゥクヨンは「チュ・ヒョンジョン先輩がプレッシャーを感じないように激励してくれた」と感謝の気持ちを表した。

チャン・ヘジンは「チュ・ヒョンジョン先輩の夢のおかげで金メダルを獲得できた」と言って笑った。チュ・ヒョンジョンは「団体戦に出ないと話す前に夢を見た。後輩たちを集めてふとんの下から金メダル3つを取り出す夢だった。後輩がプレッシャーを感じないように、ただ『いい夢を見た』とだけ話した」と伝えた。
<アジア大会>涙があふれたアーチェリー競技場(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジア大会>涙があふれたアーチェリー競技場(1)

    2014.09.29 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    1988年バンコクアジア競技大会から団体戦5連覇を達成した直後、感激の涙を流す女子アーチェリーリカーブ代表選手(左からチョン・ダソミ、チュ・ヒョンジョン、イ・トゥクヨン)。代表チーム最年長のチュ・ヒョンジョンは右肩の痛みのため出場権を譲った。
    TOP