주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】カラオケと記者会見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.26 15:28
0
先日、中国甘粛省のシルクロード経済圏の取材に行って受けた衝撃がいまだに新鮮だ。中国で最も貧しい地域の、何か経済発展や文化遺跡を話そうというのではない。何のことはない記者の日常茶飯事である記者会見での衝撃だ。

古代シルクロードの拠点であり、馬とトウモロコシの街でもある張掖を訪問した時だ。宣伝部長(次官級)が内外信の記者会見をするという連絡がきた。時間は午後8時20分。会見が予定されていたホテルのエレベーターに乗って降りた場所の正面に見える4つの文字「不見不散」。互いに会う時まで待つという意だ。その前には濃い化粧に短いスカートをはいたお嬢さんの微笑が、客人たちを誘惑していた。どう見てもカラオケだった。間違って来てしまったと思っていたところ、カラオケのすぐそばに会見場所が見えた。10分もしないうちにホテルの廊下はカラオケのお客さんと記者たちが入り乱れた。ぎこちない衝撃だった。そして「これがもし韓国だったら…」と想像してみた。多分、行事を準備した公務員が精神病者扱いを受けていたのではないだろうか。

会見場には100人余りの記者がいた。「さすが宣伝部長だな」と思った。部長が簡単に挨拶の言葉をして、即席の質疑応答が始まった。20分ほどたっただろうか。突然「私は香港侵会大学の学生○○○です」という声が聞こえた。記者会見場に、なぜ大学生がいるのか。学生の質問はこうだった。「米国もシルクロード経済圏の建設を叫んでいる。中国はどんな戦略で米国と差別化して対抗するのか」。ちなみにヒラリー・クリントン元米国国務長官は、中央アジアに投資を増やしてシルクロード経済圏を復活させて米国の影響力を強化しなければならないという国家戦略を2011年に提示していた。

学生の質問を受けた宣伝部長は「気にしていない。米国には彼らの戦略があり、私たちには私たちの戦略がある」とした後、中国シルクロード戦略を10分以上紹介した。さらに大学生3、4人の質問が続いたが部長は誠実に答えた。厳選された記者たちだけの台本質問と答弁に記憶された中国の過去の会見とは違っていた。新鮮な衝撃だった。

2時間近く続いた会見で、宣伝部長の返事はデータとともに具体的かつ論理的だった。シルクロードの歴史と国家戦略、黄河文明の起源、さらに創造文化産業の学問的理論と現況まで。もちろん資料も周辺の助けも受けなかった。腐敗で記憶される中国公職者に対する残像が晴れる衝撃を味わった。同時に「それに比べて韓国の公務員は何人…」と自問してみた。会見後、その場で宣伝部の関係者に尋ねてみた。

--何故、カラオケのそばで会見を…。

「いけない理由でもあるのですか。部長も別に何もおっしゃらなかったですし」

--学生たちはなぜ。

「あ、香港で言論を専攻している中国人留学生50人余りの見学プログラムです。学生たちの見聞を広げるのに役立つからです」

--部長の能力が素晴らしかったようだが。

「誰でも業務把握をまともにできなければすぐに切られますが。習近平主席が就任してからは特に」

チェ・ヒョンギュ北京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP