주요 기사 바로가기

【コラム】韓国映画の力…今こそ国格を高められるチャンス(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.08.19 15:54
0
韓国映画も今国際的に大きなスポットライトを浴びている。これをハリウッドに対して「ハニウッド(Haniwood)」と呼びたい。漢江(ハンガン)の奇跡で起こした韓国の成長を、映画産業につなげていくということだ。インドのボンベイとハリウッドの合成語である「ボリウッド」のように漢江とハリウッドの合成語程度だと考えれば良いだろう。

韓国にきて10年になる私は、2005年に製作された『トンマッコルへようこそ』という韓国映画で外国人出演者を初めて見た。もちろん韓国内の外国人俳優の歴史はさらに遡る。多分、代表的な人物が韓国観光公社社長を歴任したイ・チャム氏ではないかと思う。テレビドラマ『クォン家の娘たち』に出演したことがある。以後、国会に入城したイ・ジャスミン議員が出た『義兄弟』や『ワンドゥギ』のような映画が外国人俳優の全盛時代を導いた。トルコ出身のエネス・カヤが出演した『超能力者』や外国人が大勢登場する『パンガ?パンガ!』も代表的な事例の中の一つだ。『ハイキックシリーズ』に出演したジュリアン・カンも外せない外国人スターだ。

このように韓国映画とドラマで外国人俳優は少なくない比重を占めている。韓国映画の国際化には韓流に乗って全世界に配給されている韓国映画の人気が一役買った。韓国が文化先進国だという認識の拡散は、海外に住む外国人にも参加を促している。

その例としてフェイスブックで私のフォロアーになっているトルコの数多くの韓流ファンは、どのようにすれば韓国映画に出演できるかとたびたび尋ねてくる。映画出演を斡旋してほしいという要請まで入ってくるのが実情だ。経済発展を通じて国際社会で認知度を育てた韓国が、今はソフトパワー分野でも注目するほどの成長を見せているという証拠だ。それならば今が、映画のように大衆に対する訴求力が強いソフトパワーを通じて韓国の国の品格を高めることができる機会だ。(中央SUNDAY第883号)

アルファゴ・シナシ トルコジハン通信韓国特派員
【コラム】韓国映画の力…今こそ国格を高められるチャンス(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP