주요 기사 바로가기

元大宇会長「大宇自動車はGMにただ同然で渡った」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.19 13:33
0
金元会長はまた、「国際通貨基金(IMF)が最初のボタンを間違ってかけたためその後韓国経済は15年以上投資不振と内需沈滞という低成長の泥沼から抜け出せずにいる」と強調した。要するにIMFが提示した財政緊縮と高金利、負債比率200%への縮小のような高強度の構造調整が韓国企業から特有の活力を奪い取ったという話だ。通貨危機直後に金元会長は「画期的に輸出を増やすことが危機を克服する最も速い道だ」と主張した。実際に韓国はIMFの支援から早く抜け出すことができた秘訣も経常収支拡大が最初に挙げられる。

金元会長は2008年に特別赦免を受けてからベトナムのハノイに主に滞在している。いわゆる“金宇中チルドレン”を育てるのが最近の金元会長の最大の関心事だ。旧大宇出身者が運営する大宇世界経営研究会は2011年からベトナムとミャンマーでグローバルヤングビジネスマネジャー養成課程を行っているが、彼らを対象にしばしば特別講義をしている。

1カ月に1度は韓国を訪れている。6月にソウルに来た時はセウォル号事件に対し言及した。金元会長の側近は、「当時金会長は『セウォル号沈没事故を韓国が新しく生まれ変わる契機にしなければならない』という話をした。若者と韓国経済に対する関心と愛情は相変わらずだ」と話した。追徴金17兆9000億ウォンは未納状態だ。

ただ今回出版される『まだ世界は広くすべきことは多い』は金元会長の正式な回顧録ではない。大宇世界経営研究会のチャン・ビョンジュ会長は、「今回の出版は過ぎ去った事実をそのまま知らせようという趣旨だ。金元会長としてはくやしい部分がある。通貨危機の主犯ではなく最大の被害者が大宇という事実を言いたいものだ」と話した。

67年にワイシャツを輸出した大宇実業として創業した大宇グループは、わずか30年で資産76兆ウォン、系列会社41社を率いる財界2位の巨大企業に成長する。99年8月に解体され、その後大宇自動車、大宇(現・大宇インターナショナル)など一部系列会社は売却された。


元大宇会長「大宇自動車はGMにただ同然で渡った」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP