주요 기사 바로가기

韓国パンテックがまた崖っぷちに…政府の仲裁求める声も

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.08.06 09:58
0
韓国の携帯電話メーカー3位のパンテックが再び崖っぷちに立たされた。移動通信会社が債務返済を猶予し一息ついたようだったが、製品購入を拒否され再び法定管理の危機にさらされている。

パンテックは4日、移動通信会社の製品購入拒否に対する要請文を発表した。移動通信会社が2カ月間にわたり自社の端末を1台も購入しておらず、パンテックと協力企業が厳しい状況に置かれているとし、すぐに製品を購入してほしいと訴えた。

パンテックは先月24日に移動通信会社が債務返済を2年間猶予しワークアウトが再開されるなど危機を脱した。しかし移動通信会社が製品を購入しないため資金繰りが苦しくなり、満期となる手形を返済することはできない状況に置かれ、こうした要請文を出した。

パンテック関係者は「現在としては手形を返済する方法がない。移動通信会社がすぐに製品を買わなければ来週には法定管理を申請するほかない。時間がない」と話した。

パンテックが移動通信3社に要請した台数は13万台ほどで900億ウォン規模だ。しかし移動通信会社はすでに抱えている在庫も多く、消費者も購入しないため難色を示している。移動通信会社関係者は「スマートフォン市場が冷え込みむしろ在庫を減らさなければならない状況で追加購入は無理。消費者もパンテック製品を求めていないため仕方ない」と話した。

パンテックは流通在庫が多く購入は難しいというのは移動通信会社の言い訳にすぎないと反論した。パンテックが小規模営業利益を出した1月と2月の流通在庫は60万台水準で、営業停止期間に70万台以上に急増したが、6月と7月は製品供給ができず現在は50万台以下に落ちており十分に管理できるという。

パンテックは、「移動通信会社の在庫縮小の必要性には共感するが、一定期間に段階的に在庫を縮小する代わりに2カ月間ただの1台も購入しない極端な方法を選択するなら優良企業でも生き残りは難しい」と話した。

パンテックの呼び掛けにもかかわらず、移動通信会社は不動の姿勢だ。表面的には在庫が多いということだが実際にはパンテックの経営正常化の可能性に対する疑問が大きいためだ。移動通信会社関係者は、「パンテックは新製品を発表したり投資を誘致したという肯定的なシグナルを市場に送らなければならない。そういうこともなく度々支援を求められてもどうしたものか」と話した。

パンテックは経営正常化のためにできることはすべてしているという立場だ。パンテック関係者は、「経営陣の年俸削減に先月は社員の給料を払っていない。これ以上さらに何をしろというのか」と苦しい表情を見せた。

パンテックと移動通信会社が平行線をたどっており事態解決に向けて政府が乗り出さなければならないという声も出ている。移動通信会社関係者は、「移動通信会社が自主的にパンテック支援を決めるのは難しい。一歩間違えば経営陣の背任になりかねない。政府が何かメッセージを出してこそ動くことができる」と話した。

パンテックの協力会社も5日に朴槿恵(パク・クネ)大統領に送った公開要請文で、「移動通信会社がパンテック製品を受け入れなければ30万人が路頭に迷う」として問題解決に積極的に取り組むよう要請した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP