주요 기사 바로가기

【コラム】習近平式「中国の夢」を警戒する=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.11 11:18
0
韓中蜜月を警戒する人たちは現在の韓中関係を、大きな青大将がウサギに巻きついている姿のようだと皮肉る。ぞっとする例えだ。しかし我々が1992年の修交後、最も近い韓中関係に陶酔し、香港、台湾、モンゴル、東・南中国海(東・南シナ海)の島嶼がすべてその地図に含まれていた清朝の乾隆帝(在位1736-95)時代の栄華を取り戻すという習近平の夢想に巻き込まれれば、南北、韓米、韓日関係は当分戻れない橋を渡る失策を犯すことになる。習近平の訪韓で経済協力と民間・学生交流のような韓中関係の下部構造がさらに拡大する見込みだ。我々は習近平式の中国の夢を警戒しながら、そのような実質的な関係の発展を北東アジアレベルのパワーゲームとは区別し、価値中立的、実用的に扱わなければならない。

言うまでもなく南北関係の改善、韓日関係の復元、韓米間の不同の安保協力は韓中関係に劣らず重要だ。中国が突然韓国に求愛作戦を展開するのも、米国があり、日本があるためだ。南北関係がある程度改善されれば、中国に対する南北の発言権も強まり、北朝鮮の中国依存度も大幅に低下する。やり方しだいでは、流動的な北東アジアの安保現実は、韓国には檀君以来の好機だ。

中国に中華民族中興の夢があるなら、安倍の日本にも戦争可能な軍隊を持つ東アジアのリーダーになるという夢がある。米中対決の大きな枠の中で、中国の夢と日本の夢が東・南中国海で衝突しながら破裂音を出す。中国と日本の夢が韓半島で衝突する事態を防ぐことが、韓国外交の難しいが切迫した課題だ。習近平が投じたアジアインフラ投資銀行(AIIB)提案も、中国の提案だからといって賛成してもならず、米国が反対するからといって拒否してもならない。あくまでも韓国の国家利益に合う決定をする必要がある。韓国は米国の中国包囲網に参加してもならず、華麗な修辞で包装された習近平の中華民族の偉大な夢に誘惑されてもならない。米日中が争う北東アジアの大きな流れを読む戦略的な視野が求められる。

金永熙(キム・ヨンヒ)国際問題論説委員
【コラム】習近平式「中国の夢」を警戒する=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP