주요 기사 바로가기

【コラム】長白山ミネラルウォーターのモデルのための弁解=韓国(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.07.08 17:22
0
私たちのネットユーザーの感情を理解はしたい。中国が東北工程を始めながら白頭山を長白山という名前でユネスコ世界自然遺産に登録しようとする動きを見せたために民族感情が傷ついたのだろう。そしてその飛び火が長白山ミネラルウォーターの広告に出演した韓国の芸能人にまで飛んできたのだろう。

だが、こうした騒動が広がるたびに私たちは感情的なアプローチよりも冷静な姿勢を維持しなければならない。高句麗の歴史問題だけでもそうだ。中国の歴史歪曲にいきり立つのではなく、反論できる歴史的な根拠を落ち着いて探してみるのが正しい。『朝鮮王朝実録』を見れば、世宗(セジョン)の時代から春、秋に平壌にある高句麗の始祖・東明(トンミョン)聖王〔朱蒙(チュモン)〕霊廟で祭事を行っていた記録がある。世界中のどこの間抜けな民族が、他民族の先祖にそれも500年余りにわたって祭事を行うだろうか。歴史的事実は歪曲できても歴史的真実は決してなくすことはできない。

私たちは東北工程が恐らく政治的な意図のもとで進められていることをよく分かっている。なおさら枝葉末節な問題にあまり敏感に反応するのではなく、私たち自ら私たちの歴史と文化についてどれほど知っているのか、また知るためにどれほど努力しているのかを冷静に自問してみなければならないだろう。これが私たちの歴史と文化を堂々と守る道だ。

 
韓日中3カ国の間で広がる歴史歪曲と領土問題は、東アジアの平和を崩してしまう恐れもあるデリケートな雷管だ。1つ2つの字句に興奮せずに、東アジア情勢という大きな枠組みの中で大乗的に調べてみる努力が必要だ。

イ・ミョンハク韓国古典翻訳院院長

(中央SUNDAY第382号)


【コラム】長白山ミネラルウォーターのモデルのための弁解=韓国(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP