주요 기사 바로가기

韓国首相候補に“親日”つけて歪曲報道したKBSニュース

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.25 09:35
0
文昌克(ムン・チャングク)候補が辞退を決心をしたのは、親日史観という批判が決定的だった。親日批判を招いたのは11日のKBS(韓国放送公社)『ニュース9』の報道だった。KBSは「今日の9時のニュースは文昌克候補に対する検証の報道から始める。文候補の歴史認識が見える講演だが、波紋が予想される」とし、教会での講演の映像を流した。

約70分間の映像はKBSの編集を経て2分間のリポートで放送された。「『神はなぜこの国を日本の植民地にしたのか』と私たちは抗議するかもしれない、胸の中で。さきほど述べたように神の意がある。お前たちは李朝500年を無駄に過ごした民族だ。お前たちは試練が必要だ」。

しかし講演全体の映像を見ると、発言の前に「わが国は節目ごとに試練と挑戦を受けたが、それがもう一つの機会となった。その機会を通じて、今のこの国になった。今はすべての国が韓国を見習おうとしている」という部分がある。「わが民族には試練とともにいつも機会があったという趣旨の講演」(文候補)という釈明だが、こうした意味は伝えられず、親日史観だけが浮き彫りになった。

KBSは「文候補がわが民族は怠惰で自立心が足りないとも発言した。民族卑下だという批判も出てくるとみられる」という問題提起もした。そして「朝鮮民族の象徴はさきほど述べたが怠惰だ。怠けて自立心が不足し、他人に世話になること、これがわが民族のDNAとして残っていたのだ」という発言を放送した。この部分だけを見た視聴者は民族卑下発言と受け止めるしかない報道編集だった。

しかし発言の脈絡を見ると、文候補が批判する対象はわが民族ではなく支配層の収奪に合わせている。「楊坪(ヤンピョン)では農作業を熱心にし、何か少しあれば吏房が無条件に棒で叩く。だから朝鮮の人たちは仕事をしようとしない、仕事をすればすべて奪われるから。しかし沿海州に暮らす朝鮮民族はきれいで、よい生活をする。国の過ちでそうなった」という発言もあったが、この部分は報道されなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP