주요 기사 바로가기

2020年に300兆ウォン市場…IT・電子業界の激戦予告=韓国(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.06.16 11:43
0
◇すでに実用化された技術も多数

モノのインターネット技術を適用した製品もすでに相当数発売された状態だ。代表的なものはウェアラブル機器だ。着用者の歩数、1日平均消費カロリー、睡眠パターンなどの活動量を数値化して見せてくれるナイキの「フューエルバンド」などがある。サムスン電子とLG電子もそれぞれ「ギャラクシーギアフィット」と「ライフバンドタッチ」を発売し、フィットネストラッキング市場に参入した。

ウェアラブル機器にはスマートウォッチも含まれる。サムスン電子の「ギャラクシーギア」 シリーズ、LG電子の「Gウォッチ」、クアルコムの「トーク」、ソニーの「スマートウォッチ」など多様な製品が発売されている。スマートフォンとの連動を通じ各種お知らせとメッセージをすぐに確認できるというのが長所だ。スマートホームと関連した技術もすでに商用化されている。サムスン電子は4月にスマートフォンで冷蔵庫と洗濯機、エアコンなど家庭内の家電製品をコントロールできるスマートホームサービスを公開した。音声や文字などで証明の明るさを調節し、これをつけたり切ったりできるようにしたスマート照明もある。LG電子も最近「ホームチャットサービス」に対応したプレミアムスマート家電製品を相次いで出している。ホームチャットサービスはスマートフォンで家電製品とチャットできるようにしたサービスだ。

モノのインターネット技術は農業や福祉領域でも使われている。SKテレコムのスマートファームが代表的だ。自動化設備が備えられ、ビニールハウスにモノのインターネット用モデムとコントローラーを追加で設置すればいつどこでも遠隔でビニールハウスの換気と肥料散布などの制御が可能だ。そのほかにもSKテレコムは子どもの居場所をリアルタイムで把握できるようにした子ども安心サービス、1人暮らしの高齢者と重症障害者ケア サービスなどを提供している。高価な建設重装備とコンテナなどの位置をリアルタイムで追跡できる位置追跡サービスも近く出す計画だ。同社関係者は、「モノのインターネットといえばスマートホームを考えるものだが、大気汚染監視と海洋環境測定など多様な分野に適用が可能だ」と話す。

◇ハッキング・互換などが解決すべき難題

モノのインターネットと関連した市場性と発展の可能性に疑問を示す人はまれだ。だが、まだ初期段階であるだけに解決すべき宿題も多い。まず「すべてのモノがつながっている

というモノのインターネットの属性自体が問題だ。すべてのモノがつながっているだけに、外部からのハッキングや内部情報流出などの危険に常時さらされている。例えば家庭のリアルタイム電力網最適化を可能にするスマートメーターのデータが外部に露出した場合、電力使用量分析を通じその建物に人がいるのかいないのかなどがわかる。

産業研究院(KIET)は最近モノのインターネットの拡散と関連したセキュリティ脅威が韓国だけで2015年には13兆4000億ウォンに達すると分析した。2030年には26兆7000億ウォンに達する被害が懸念されている。

モノのインターネット関連製品とサービス供給が過度に供給者、すなわち企業中心に進められているという点も一般利用者が拒否感を持つ。多様なウェアラブル機器は長所を持っているが「絶対に必要なものか」に対する疑問を持つ人は多い。モノのインターネット市場自体がまだ初期段階であるだけに企業ごとに独自のプラットフォームに固執している点は本格的なモノのインターネット市場成長の障害に挙げられる。例えばアップルとグーグルのモノのインターネット製品の互換がうまくいかないことがあるという意味だ。これと関連して50社余りの会員企業を率いるモノのインターネットのコンソーシアムであるオールシーンアライアンスのリアット・ベンズール会長は、「それぞれのモバイル機器と家電製品がクラウドを通じてつながるだけでは足りない。多くの機器がメーカーに関係なく自由に通じ合えるようになることが真のコネクテッドホームだ」と話した。(中央SUNDAY第379号)


2020年に300兆ウォン市場…IT・電子業界の激戦予告=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP