주요 기사 바로가기

f(x)ソルリ、悪性デマ流布者を善処…「深く反省し再発防止を約束」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.12 10:57
0
ガールズグループf(x)メンバーのソルリ(21)の所属事務所SMエンターテインメント(以下、SM)が悪性デマ流布者を善処することにした。

SMは11日、公式報道資料を通じて「管轄警察署が捜査に協力してくれたことで悪性デマを最初に広めた人物を確認した。この流布者は虚偽内容で悪性デマをつくって広めることが犯罪行為であることを知り深く反省して再発防止を約束した」と明らかにした。SMは「流布者が悪性デマをつくって流布したことについて、ソルリに心から謝って反省し、過ちを悔いて再発防止を約束した」として「同じ年頃の女子学生である点を勘案し、この流布者を善処してあげたいというソルリの意思を尊重して今回の事件に対して6月10日付で告訴を取り下げた」と説明した。続いて「今回の告訴取下げは例外的な件で、ソルリに関して事実ではなく根拠のない悪性デマと確認された内容を追加で広める行為に対して断固として対処する」と話した。

これに先立ちソルリは3月に突然の腹痛を訴えて病院の応急室に運ばれたことがある。当時、ソルリは虫垂炎を疑われていたがこれといった異常が見られなかったためすぐに退院した。しかしその後インターネット上では「友人が病院に勤めているが、ソルリが応急室に来ているのはチェジャのため」というデマが広がった。過去、ソルリにDynamic Duo(ダイナミックデュオ)のチェジャと熱愛説が出ていたことを引き合いに出したものだ。

これに対し所属会社SMエンターテインメントはアーティスト保護のために該当デマをインターネットに最初に広めた者とその関連者をサイバー上名誉毀損などの疑いで管轄警察署に告訴した。

2013年9月26日、ある韓国メディアはソルリとチェジャがソウル城東区(ソンドング)で連れ立っている写真を公開して「ソルリとチェジャは仲の良い恋人の様子だった」と報道したことがある。しかし当時、ソルリとチェジャの所属事務所は「恋人ではなくただの先輩後輩関係」と熱愛説を否定していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    f(x)ソルリ、悪性デマ流布者を善処…「深く反省し再発防止を約束」

    2014.06.12 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    ガールズグループf(x)のソルリ
    TOP