주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>日本人審判が開幕戦の主審…韓国は副審にも入れず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.12 10:15
0
13日午前5時(日本時間)、ブラジル・サンパウロで行われるブラジルワールドカップ(W杯)開幕戦は、日本の西村雄一審判(42)がホイッスルを吹けば始まる。

国際サッカー連盟(FIFA)は11日(日本時間)、西村氏をブラジルW杯の開幕戦ブラジル-クロアチア戦の主審に最終決定した。2004年に国際審判としてデビューした西村氏は、2007年U-17(17歳以下)W杯、2009年U-20(20歳以下)W杯、2010南アフリカW杯、2012ロンドンオリンピック(五輪)など大きな国際大会で主審として活動してきた。

4年前の南アフリカW杯ではブラジル-オランダの準々決勝を含め、計4試合で主審を務めた。2012年にはアジアサッカー連盟(AFC)の「年間最優秀レフェリー」に選ばれている。W杯最終予選、親善試合など韓国代表の試合でも何度か主審を務め、韓国のファンにもよく知られている。

西村氏とともに日本人の相楽亨氏、名木利幸氏もブラジルW杯の開幕戦で副審を務めることになった。FIFAは今回のW杯で同じ言語を使う主審・副審を一組とする「FIFAトリオ」制度を実施する。できるだけ同じ国や言語圏出身の審判を同じ組にし、審判の円滑な意思疎通を図ることにした。

ブラジルW杯では43カ国・91人の主審・副審がグラウンドに立つ。FIFAは審判個人の性格だけでなく、サッカーに対する理解度、体力などを評価し、W杯の主審・副審を選定した。アジアでは日本・豪州・バーレーンが「トリオ」を輩出し、ウズベキスタン・イランから2人ずつ参加する。

韓国の審判はブラジルW杯で見ることができない。2002年韓日W杯でキム・ヨンジュ審判が韓国人では初めてW杯の主審を務め、1994・1998・2006・2010年には副審を1人ずつ輩出した。しかしブラジルW杯には156人の主審・副審候補にも含まれなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>日本人審判が開幕戦の主審…韓国は副審にも入れず

    2014.06.12 10:15
    뉴스 메뉴 보기
    西村雄一氏
    TOP