주요 기사 바로가기

【コラム】中国経済があやしい(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.10 09:46
0
このように4大リスクが複合的に現れる場合、中国の経済成長率は大きく鈍化しハードランディングが発生する可能性がある。こうした理由から内外の経済学者や研究機関は中国経済の危険性に対し警告している。幸いなのはいまのところこうしたリスク要因が現実化される可能性は大きくなく、中国政府が問題を認識し多様な対応策を出しているということだ。

だが、これらリスク要因が現実化されなくてもこうした構造的問題によって経済成長率の鈍化は避けられないものとみられる。過去のように10%に迫る成長は期待しにくく、経済体質を改善する過程で成長率は次第に下落するだろう。また、中国政府が強力に推進する部品素材産業の強化と高付加価値産業育成などいわゆるチャイナインサイドへの流れは韓国企業に大きな挑戦になるだろう。

これまで韓国経済に有利に作用した中国が、これからは韓国経済の足を引っ張る恐れがあるという危機意識を持たなければならない。韓国企業は中国のリスク要因が現実化する場合に備えるべきで、長期的には中国経済の構造改革方向と経済成長率鈍化に対応する戦略をまとめなければならない。一方、中国内需市場拡大、人口構造変化、都市化促進とサービス産業の成長などは韓国に機会要因にもなる。中国の変化は韓国に大きなリスクでありチャンスだ。

権善珠(クォン・ソンジュ)中小企業銀行頭取




【コラム】中国経済があやしい(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP