주요 기사 바로가기

<韓国統一選>教育監は進歩が圧勝、国民はなぜ進歩を選んだ?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.05 15:50
0
4日に行われた全国17市・道教育監選挙の開票が終わった中、候補を一本化した進歩陣営が圧勝した。

中央選挙管理委員会によると、全国17市・道教育監選挙の開票の結果、進歩候補が13地域、保守候補が3地域、中道候補が1地域で当選した。4年前の2010年16市・道教育監選挙では保守が10人、進歩が6人当選したが、当時とは状況が逆転した。特に相当数の地域で保守候補が乱立し、候補を一本化した進歩の候補が30%台の得票率で勝利した。

最大関心地域だったソウル市の教育監選挙では、進歩のチョ・ヒヨン候補が39.2%を得票し、保守の文竜鱗(ムン・ヨンリン)候補(31.1%)、高承徳(コ・スンドク)候補(23.6%)を抑えた。京畿道でも進歩の李在禎(イ・ジェジョン)候補が36.1%を得票し、保守のチョ・ジョンヒョク候補(26.2%)を10ポイントほど上回って当選を決めた。

一方、保守陣営の退潮現象は現職教育監として出馬した候補の成績表に表れている。今回出馬した10人の現職教育監のうち、保守教育監の中では釜山の林恵卿(イム・ヘギョン)候補、慶南の高永珍(コ・ヨンジン)候補らが開票序盤に1位を獲得できなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP