주요 기사 바로가기

【コラム】右折信号を守れば愚か者になる韓国社会(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.02 16:41
0
運転をする知人は嘆いた。大道路の入り口では「右折信号遵守」の表示板を見るが、これを守って停止していれば、その道でほとんど公敵1号になったという。誰もが無視して軽べつするように隣の車線から次々と右折して行くのを見ると、自分だけが愚か者になった感じがすると語った。

セウォル号の事故後、その表示板は「赤信号時は右折禁止」とより強く変わったという。今その道の上で運転手はどんな考えをするだろうか。やはり規則は守らなければいけない? それとも規則通りにしても死ななければ幸い?

言語が堕落する時、社会的な規約は詐欺または脅迫と区別できなくなるだろう。こうした社会で右折信号をそのまま遵守する運転者は愚か者になるしかない。結局、人々は自分がしたいように利己的に行動しながら、私は馬鹿ではないと、または天を仰いで恥じる点は少しもないと叫ぶだろう。セウォル号の船員がまさにそうだった。

そうであるほど死んだ子どもは哀れだ。地獄の底から助かってから絶えず電話ばかりしていた1等航海士、自分が誰かも知らないように濡れたお金を乾かしていた船長。彼らの「性格」破綻は遵法精神から人倫にいたるまで、すべてのものが崩れ落ちるこの共同体の瓦解を象徴する。侮蔑された言語の報復はこれほど大きい。

小説家のキム・エランは溺死する危険から自分を救った8歳の少年のことを描いた小説『君の夏はどうか』で自覚する。「私も知らないところで、私が知る、あるいは知らない誰かが私のために苦しんでいる」と。私たちの春と、そして夏はどうだろうか。

チョン・ジェスク論説委員兼文化専門記者
【コラム】右折信号を守れば愚か者になる韓国社会(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP