주요 기사 바로가기

【コラム】朝・日合意を歓迎する=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.02 09:10
0
韓国と米国の警戒を物ともせず北朝鮮と日本はルビコン川を渡った。北朝鮮が拉致被害者の全面再調査特別委員会を発足させれば日本は北朝鮮に対する制裁を解除する。北朝鮮の核問題に対する韓日米の共助に致命的な打撃だ。韓国と米国が朝・日ビッグディールに深い懸念を示し朝・日交渉の透明性を要求するのもこうした理由からだ。それは正当な要求だ。しかし朝・日合意自体を否定的にだけ見るのは賢明な姿勢ではない。朝・日合意の肯定的な要素と活用価値は高い。ようやく成し遂げた朝・日合意に不平ばかり言っていては北朝鮮問題での韓国の位置づけは極度に狭くなる。

朝・日合意文の冒頭に日本が国交正常化を実現する意向を明らかにしたのは意味深長だ。ストックホルム合意の通りに拉致問題が満足に解決され国交正常化議論まで進むかは速断できない。しかし日本は韓半島に利害関係を持つ国では初めて北朝鮮を外に誘引する功績を立てた。北朝鮮が日本との深層対話で国際社会との会話のドアを開けたこと自体が意味のある進展だ。

われわれが心配するのは朝・日合意が拉致問題解決と日本の対北朝鮮制裁緩和という単発の性質で終わってしまい北朝鮮の好戦性と核の脅威は全く解消されず解消の糸口もつかまえられない状況だ。しかし韓国と米国次第で朝・日合意がそこにとどまらず北朝鮮を核交渉テーブルに引き出すのに寄与するようにさせられるはずだ。韓国と米国は朝・日合意に肯定的な刺激を受けなければならない。韓国は頑固な原則論をたたみ5・24措置を解除して金剛山(クムガンサン)観光を再開し当局者会談を再開する決断を下さなければならない。それが信頼構築の軸だ。韓日関係も大きな目で見て首脳が会い政治的解決を模索しなければならない。韓半島問題は北東アジアの政治に編入され北東アジア政治の枠組みの外では解決することはできない。

 
日本はこの地域の主要利害当事者として必ず北朝鮮の核を視野に置き北朝鮮の核をめぐる共助を最大限維持し対北朝鮮交渉をしなければならない。北朝鮮の核を放置して朝・日間の懸案だけ解決すれば日本は国際社会で信頼を失い利己的な国の烙印を押される。朝日新聞の報道の通りに9月ごろに金正恩第1書記と安倍首相の首脳会談が実現すれば当然北朝鮮の核が主要議題に上がらなければならない。

金永熙(キム・ヨンヒ)論説委員


【コラム】朝・日合意を歓迎する=韓国(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP