주요 기사 바로가기

<船橋洋一インタビュー3>北東アジアの安全

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.29 16:27
0
金=北東アジアの平和と安定を実現するうえで、最も大きな障害物の一つが北朝鮮の核兵器開発だ。6カ国協議を中心に交渉をしたが、北朝鮮の非核化は実現せず、金正恩(キム・ジョンウン)の北朝鮮は韓国と米国を相手に挑発的な発言をしている。金正恩はなぜそう考えるのか。

船橋=金正恩は金正日(キム・ジョンイル)よりも大きな恐怖にとらわれているだろう。北朝鮮はさらに孤立している。中国との関係もそうだ。過去、金日成(キム・イルソン)と金正日は中国との関係をうまく活用してきた。1992年の韓中国交正常化で北朝鮮が裏切りを感じたが、よく耐えながら中国から得るものは得た。しかし金正恩が現在、中国を十分に活用しているかどうかは疑問だ。中国は金正恩の北朝鮮を不届きだと考えているだろうが、中国が自ら北朝鮮の体制を壊すことはないとみる。中国の影響力に限界があり、金正恩の代わりに誰かを前に出すこともできない。

金=「日本再建イニシアティブ」が昨年3月に発行した『日本最悪のシナリオ9つの死角』という本で、中国が尖閣諸島を武力で奪い、実効支配するのに成功したという仮想シナリオを提示した。尖閣で武力衝突が起きれば、米国が安保条約上の義務に基づき日本を支援することになり、日本の軍事力がまだ中国より優勢だという評価だが、そのようなシナリオに現実性があるのか。

船橋=そのシナリオでは、中国の武装勢力より漁民が入ってくる可能性を高くみている。グレーゾーン(Grey zone)だ。実際、軍と軍の正面衝突より、漁民や漁民を装った人たちが尖閣に上陸する可能性が大きく、その時に日本がきちんと統制権を行使できない姿を見せるというシナリオだ。10年、15年後を想定しているが、現実的に米軍が自衛隊とともに尖閣に上陸し、不法入国した中国漁民を退去させはしないだろう。日本が前面に立ち、自国の領土を守る姿を先に見せることを期待する。米国はそれをみて介入するかどうかを判断するだろう。

金=『日本最悪のシナリオ9つの死角』のうち、特に韓国人の注目を引く部分は、北朝鮮が崩壊して韓国が核兵器を持つ統一国家を樹立するというシナリオだ。金正恩の経済改革に反対する軍部がクーデターを起こし、金正恩を支持するミサイル部隊が弾道ミサイルを平壌(ピョンヤン)に発射する。北朝鮮はリーダーシップのない混乱に陥り、韓国軍が平壌を占領し、統一政府を樹立するということだが、興味深いのは金正恩が韓国大統領に慈江道の地下に隠した核兵器の所在を知らせ、核を持つ統一国家樹立を勧告する部分だ。シナリオでは米国と中国が韓国統一に反対する密約を結ぶ。ロシアだけが韓国統一を支持する。中国と米国が反対する中で、韓国が単独で北朝鮮に進入して核を保有する統一韓国を樹立する、そして韓米同盟を破棄して中立を宣言するという発想に現実性はあるのか。

船橋=そのような最悪のシナリオをなぜ作るかを考えてみなければいけない。恐怖というものが、いつ、どこから、どのように生じるかを自ら暴く練習だ。そうなるということよりも、いくつかの恐怖の状況が出てくれば、米国と中国・日本・韓国などが、それが互いにマイナスにならないようにするためにはどうするかを事前に表し、そのような状況を作らないための練習をする。統一韓国が核を持つのは日本には最悪のシナリオだ。統一韓国が核を保有すれば、東アジアに核開発のドミノ現象が起こり、この地域の戦略的環境が大きく変わるだろう。

金=統一韓国の核保有は、統一される時点の北東アジアの安保環境、特に米中覇権競争の成り行きに左右されるだろう。

船橋=韓国が核を持つ必要がない条件を作ることが、今からの課題だ。

金=具体的な代償(reward)がなければいけない。

船橋=代償がなければ、韓国は核を放棄しないだろう。私が見るに、代償は中国の同意の下、韓米同盟を維持することだ。中国が韓米同盟を認めるのはそれ自体で非常に効果が大きい。

◆船橋洋一…1944年北京生まれ。東京大卒業後、朝日新聞社に入社。北京・ワシントン特派員と米国総局長を務めた国際問題専門家。米国総局長時代は「第2の日本大使」と呼ばれるほど地位が高かった。2007年から定年退任した2010年まで朝日新聞の主筆。朝日新聞では30年間、主筆が空席だったため、船橋氏の主筆就任は大きな話題になった。現在も主筆は空席。退任後、シンクタンク「日本再建イニシアティブ」財団理事長を務める。
<船橋洋一インタビュー1>米中関係とアジア


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP