주요 기사 바로가기

【時視各角】船員たちが「脱出」を言わない理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.07 11:46
0
現在拘束され捜査を受けている船員15人はこの部分に対し具体的な説明をしないでいるという。せいぜい「海洋警察の救助船が来て手を振り、乗り移った。当時乗客のことは考えられなかった」という陳述だけという。私たちはまた疑問の前に立つ。彼らはなぜ沈黙を守っているのだろうか。事前謀議でもしたか、特別な信念体系を内面化しているのはでないか。

注目されるのは彼らとセウォル号運営会社の清海鎮(チョンヘジン)海運の連係性だ。その核心は1等航海士のカン氏だ。カン氏は過剰積載の事実を隠すためにバラスト水を減らした人物で、珍島交通管制センター(VTS)との交信で放送設備が使えるのに「放送が不可能な状態」と話した。沈没中のセウォル号と清海鎮海運の間でやりとりされた7回の通話のうち6回がカン氏だった。操舵室にいた彼は携帯電話を取りに寝室に行ってきたが生徒たちに何も言わなかった。

セウォル号運航管理規定には船員の隠蔽された心の向こう側に何があるのかを解く糸口になる端緒がある。規定上、事故が起きた時の非常対応に関する最終決定権者は船長ではなく清海鎮海運の最高経営責任者(CEO)だった。海運業界では、「保険金支払い対象になるのか議論した可能性がある」と指摘している。人命よりも貨物が、船体と保険金がもっと大きかったということだろうか。兪炳彦(ユ・ビョンオン)元セモグループ会長一家の不正を暴いている仁川(インチョン)地検の捜査が重要なのはそのためだ。

いまは冷静に、また執拗にファクトを抜き出し、貪欲の実体を確認しなければならない時だ。それが子どもたちが最後の瞬間に私たちに送ってきた動画や写真に答え、彼らを記憶する方法だ。今回の捜査に一握りの疑惑と疑問でも残るならば「動かないで」という言葉に閉じ込められ死んでいった子どもたちにもっと大きな罪を犯すことになるだろう。

クォン・ソクチョン論説委員


【時視各角】船員たちが「脱出」を言わない理由(1)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP