주요 기사 바로가기

【コラム】滅びない韓国、崩れない金正恩政権(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.05.05 16:58
0
これに対し、北朝鮮の最高位が政権を維持するための基本は何だろうか。人民の票か。そんなことはない。労働党エリートの忠誠・忠誠を制度的に引き出すための代表的な方法の1つが人事行政だが、北朝鮮の人事政策は最高位1人の審査に全てがかかっている。世論もやはり結集、表出される制度が存在しない。すなわち北の最高位が彼の権力を維持する方法は、下からの取りまとめではなく上からの統制を通じて得られる。国家が滅びても政権維持のためのさまざまな制度的装置を通じて彼らは延命できる。自然と強圧的な統制装置が発達している。強盛国家ではなく鉄壁統制が核心だ。すでに滅びた国家を剛性政権が手につかんでいるのと同じだ。

事実、北朝鮮のこうしたシステムの起源は冷戦時代にさかのぼる。彼らの主張によれば、人類の理想である共産体制を全世界的に達成するための過渡期として国家を設計したからだ。彼らの頭の中には国家というのは当初、存在しなかった。共産世界では国家というのは消滅するものだという彼ら特有の考えからだ。ただし国家が消滅する理想郷へ向かう過渡期に国家が存在するだけだ。国家形態があることはあるが、どの道なくなる国家機構に代わって革命勝利のための革命指揮体制として編成されているという考え方だ。

戦闘司令部、彼らの表現を借りようとするなら革命の司令部は党だ。したがって革命司令部の交代は、彼らの想像力の中には存在しない。戦時にどうして戦闘司令部を変えるだろうか。彼らに複数政党制の制度的な優越性を突きつけるならば、彼らは複数の戦闘司令部を主張する下心を疑うしかない。戦時であるから人権も留保される。体制内の物的・人的資源の使用も、戦闘司令部である党が排他的に独占する。

このような背景で、歴代の社会主義体制は本来の政府与党の交代を通じて国家危機が解消されるのではなく、戦闘司令官や党の最高位だけを交代することによって国家あるいは党の危機を克服してきた。ところで社会主義の異端児・北朝鮮はこれさえも封じ込めた。金日成一族によって司令官は世襲される。

今、大韓民国や北朝鮮いずれも程度と観点の差はあるが、国家的危機の瞬間を体験している。最も重要な国民あるいは人民の立場から見るならば、両者の未来へのカギは、システムの差が何よりも重要なのは明らかだ。

イ・ジス明智(ミョンジ)大学教授(政治学)…ソウル大学政治学科卒。モスクワ大学政治学博士。専門分野はソ連と北朝鮮政治。ロシア国立人文大政治学研究過程などを経て現職。

(中央SUNDAY第373号)


【コラム】滅びない韓国、崩れない金正恩政権(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP