주요 기사 바로가기

【特別対談】ソウル大教授が質問し慶応大名誉教授が答える(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.02 10:33
0
セウォル号に多数の尊い命が閉じ込められていた先月17日午後、筆者は韓日関係の日本での最高専門家に挙げられる小此木政夫・慶応大学名誉教授と向かい合って座った。悪化した両国感情が結局、破綻へと疾走するかも知れないという緊張感が漂っていた。解決策を見出そうとすれば互いに率直になろうという前提条件で合意した。小此木教授は日本人の心情をそのまま伝え、筆者は韓国人の情緒を加減なく表明した。話すほどに破局への憂慮が濃厚に漂ってきた。

ソン・ホグン:戦後の韓日関係がこれほど悪化したのは、かつてありませんでした。さらには両国の保守政権が国家主義と民族主義で武装したために、潜在していた歴史的摩擦が表面化して、政治家たちがそれを積極的に活用しているところです。両国の共同責任論を述べることもできるでしょうが、加害者の日本はなぜこのようになったのですか?

小此木:何より国際社会の構造変化の中で日本の地位が弱まったという相対的剥奪感が大きくなり、韓国と中国の批判に直面しながらナショナリズム的傾向が大きくなったためでしょう。

ソン:それでも日本は加害者ではないのですか。歴史問題について韓国人が怒るのと同じぐらいに日本人も対応することが穏当ではないかということについて、少し残念です。日本が大きい国だと思えば、受け入れるべきではないでしょうか?

小此木:日本で市民講演をすると、質問が昔とは大いに変わりました。「教授の言葉は結局、韓国の人に譲歩しろという話ではないですか。私たちだけが譲歩すれば終わるのですか」と。譲歩してはいけないと考える人が多くなりました。だから心配なのです。

ソン:慰安婦問題もそうですか?

小此木:慰安婦問題も、韓国人が一番よく知っていると思うかも知れないが、これまでの協議過程でも日本の努力についてはよく知らない人が多いというのが現実でしょう。以前に慰安婦問題が出てきた時、日本も共感してアジア女性基金を作りました。日本政府も何度か公式謝罪をしました。ただし法的責任については認定しなかったのです。元慰安婦女性らは日本政府の謝罪と補償に満足したが、支援団体が法的責任を強調して解決しない状態になりました。

ソン:私の考えでは謝罪と補償も問題だが、自尊心の回復がより大きい次元の問題です。慰安婦問題は人間的自尊心、ヒューマニズム、人間的価値の問題に切り替わったと見ています。韓国政府で強調している「個人的請求権」の真の意味がそれです。

小此木:いや、ですから日本政府もそれは受け入れます。歴代首相が謝罪した理由もそうなのです。

ソン:ところが首相は謝罪をしないでしょう。

小此木:首相が、ですから私たちは謝罪をしたが、韓国側が受け入れないというふうに…(思うのです)。それでこのまま「問いただしていけば」どうなるのか、そんなふうになってくるのです。

ソン:それでも安倍首相や麻生太郎副首相の発言は、実際理解するのが難しいです。

小此木:私も理解できません、私は日本の立場に立つべきなのですが(笑)。安倍政権がこのようになったこと、両国関係が悪化したことには、日本側の指導者の責任も大きいと見ています。「複合骨折」という意がこれに該当します。なので韓日関係は1つだけ直せばうまくいくものではありませんね。来年はより一層難しくなります。日本では「2015年問題」というのですが。来年6月には韓日条約50周年で安倍談話が出てこなければならず、4月には地方選挙、9月には自民党総裁選挙があります。

ソン:終戦70周年でもあるし。

小此木:それで来年は、韓日関係を解決していくのがとても難しいのです。
【特別対談】ソウル大教授が質問し慶応大名誉教授が答える(2)

【特別対談】ソウル大教授が質問し慶応大名誉教授が答える(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【特別対談】ソウル大教授が質問し慶応大名誉教授が答える(1)

    2014.05.02 10:33
    뉴스 메뉴 보기
    韓日関係はどうなるだろうか。状況の反転があるのだろうか、でなければ葛藤が持続するのだろうか。日本の代表的な韓半島(朝鮮半島)専門家である小此木政夫・慶応大名誉教授は「破局は避けなければならないが、その可能性は高い」と話した。
    TOP