주요 기사 바로가기

「慰安婦問題、日本の謝罪は不十分」…国連報告者

ⓒ 中央日報日本語版2013.09.13 11:16
0
韓国挺身隊問題対策協議会によると、11日(現地時間)にスイス・ジュネーブで開かれた「日本軍性的奴隷生存者のための正義」行事で、国連特別報告者が「日本軍慰安婦問題に対する日本の謝罪は十分でない」と指摘した。

パブロ・デ・グレイフ国連特別報告者は「公式的な謝罪は、被害者が権利の保有者であることをはっきりと確認するものでなければならない」とし「1995年に日本政府が設立したアジア女性基金は慰安婦問題を解決できなかった」と強調した。

元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さんも行事に参加し、「日本政府に要求するのは、お金を出せということではなく、公式謝罪と法的賠償」と述べ、各国政府の協力を呼びかけた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP