주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>「遺族と無関係の寄付・募金の中止を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.30 10:47
0
セウォル号沈没14日目である29日、安山(アンサン)の花郎(ファラン)遊園地に政府合同焼香所が設けられた。安山オリンピック記念館室内体育館にあった臨時合同焼香所は閉鎖された。生徒155人、教師4人、一般人3人の遺影と位牌が安置された。

この日午前10時から追悼に訪れる人々が集まって100メートル余りの列が続いた。檀園(ダンウォン)高校の生徒たちが多く住む安山市仙府洞(ソンブドン)の住民(54)は「先週、オリンピック記念館に設けられた臨時合同焼香所の前まで行ったが、涙があふれて入ることができず、今やっと犠牲者の冥福を祈ることができた」と話した。

体の不自由なチェ・スンドさん(82)は乗って来た電動車椅子から降りて足を引きずりながら献花した。彼は「若い高校生たちの犠牲があまりにも無念で妻と一緒に来た」として「大人たちがあまりにも間違っていると思う」と話した。

ソウルからきたという大学生のチョ・チャンヨンさん(21)は「安山にきて直接焼香するべきだという気がして1人できた」として「犠牲になった高校生らが良い世に行くよう願う」と話した。救助されて入院治療を受けていた檀園高の2年の生徒たちは30日に全員退院して団体で合同焼香所を訪れる。

一方、犠牲者の遺族対策委員会はこの日に声明を出して「大統領が閣僚会議で非公開で謝罪したのは真の謝罪ではない」と主張した。また「私的組織や市民団体の寄付・募金は、遺族の意志とは無関係だ。同意していない寄付・募金を直ちに中止してほしい」とした。彼らはセウォル号の事故原因糾明と不明者捜索対策、船舶関係者・政府関係機関の関連者の問責などを要求した。
【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP