주요 기사 바로가기

安倍首相、オバマ大統領の訪問前に“靖国挑発”(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.22 08:20
0
米国は歴史問題で韓日関係が悪化することを懸念している。バイデン米副大統領が昨年12月の訪日当時、安倍首相に靖国神社参拝の自制を要請したり、安倍首相の靖国神社参拝後に「失望」という論評したのも、こうした理由だ。

日本もこうした米国の懸念を知っている。菅義偉官房長官は21日、「(安倍首相の供え物奉納は)私人としての行動であり、政府としての見解を申し上げる事柄ではない」とし「(日米首脳会談には)全く影響を及ぼさないだろう」と述べた。

安倍首相の供え物奉納に続き、日本閣僚の靖国神社参拝が続くという見方もある。すでに新藤義孝総務相と古屋圭司拉致問題担当相が靖国神社を参拝し、韓国の非難世論が強まる状況だ。

オバマ大統領は今回、明治神宮と韓国の景福宮を訪問する。両国の歴史をともに尊重するというメッセージを浮き彫りにする考えだ。しかし「靖国挑発」でオバマ大統領の韓日米協調構想は難関にぶつかる可能性もある。

ボン・ヨンシク峨山政策研究院外交安保センター長は「安倍首相は保守支持層と米国の立場をともに考慮して靖国に供え物を奉納したが、韓国国民の感情を考慮していない」とし「米国は韓日米協調のために日本を自制させる方法について悩むしかない」と述べた。
安倍首相、オバマ大統領の訪問前に“靖国挑発”(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP