주요 기사 바로가기

明治神宮を訪れるオバマ、韓国も日本も困惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.21 08:22
0
バラク・オバマ米国大統領が日本国賓訪問期間中、東京の明治神宮を訪れる。スーザン・ライス米大統領補佐官は18日午後(現地時間)、オバマ大統領のアジア歴訪(23~29日)の日程を発表するなかで「訪日翌日の24日、文化行事の一環として明治神宮を訪問する」と述べた。明治神宮は日本近代化の象徴である明治天皇夫婦を賛えるために1920年建てられた。戦争犠牲者と戦犯を奉献した靖国とは性格が大きく異なる。

日本経済新聞は20日「日本政府は米政府が明治神宮を選んだのは、今後(安倍晋三首相の)靖国参拝を牽制しようとするメッセージとしての見方もある」と報道した。昨年末に安倍首相が靖国神社を参拝し、韓国や中国などを刺激したことを考慮した決定という意味だ。歴代米国大統領のうち、ジミー・カーター、ロナルド・レーガン、ジョージ・W・ブッシュ元大統領らも日本訪問の際には明治神宮を訪問した。2002年のブッシュ大統領訪日の際には当時の小泉純一郎首相も同行したことで、政教分離を規定した日本憲法20条に反しているのではないかとして論議を呼んだ。

問題はオバマ大統領の明治神宮訪問が韓国の立場では気まずいところもある点だ。明治天皇は1910年の韓日強制併合における中心人物の1人だ。ホワイトハウスは今回の韓・日訪問で韓国と日本の過去の歴史葛藤を解消する案も話し合うと予告してきた。ワシントンの外交消息筋は「歴代大統領も訪問しているのでホワイトハウスとしては大きく意に介さなかった」としながら「しかし現在の微妙な韓日関係を勘案すれば、細心の配慮がなされなかったという感じを与える」と述べた。オバマ大統領は25日、韓国では戦争記念館と景福宮(キョンボックン)を訪問する。

ライス氏は今回のアジア歴訪の意味を説明しながら「同盟の現代化」という以前は使わなかった用語を口にした。ライス氏は「アジアで米国ほど(多くの)同盟国とパートナー国家のネットワークを持つ国はない」とし、「今回われわれは同盟の現代化を追求する」と述べた。特に韓国と日本を経済強国であると述べた後、「国際安保とグローバルな挑戦を共に解決していくことを希望する」と強調した。これとあわせて「ウクライナで起きたことがどのような経済的・外交的意味を持つかを共に考えていけることを願う」と述べた。

ある外交専門家は「“同盟の現代化”という概念は、米国が過去における核の傘や安保公約を提供したように一方的に与えた概念で、これから負担を共有していこうという意味のようだ」と話した。連邦の財政赤字で国防予算の縮小などの事態に直面した米国が、経済規模の大きくなった韓国や日本などの同盟国に、責任を分担することを希望しているという意味だ。

◆明治神宮=明治維新で日本の近代化を成し遂げた明治天皇と皇后の魂を奉献した神社。1920年、東京渋谷の70万平方メートルの面積で建設された。日本全域から寄贈された365種12万本の樹林が神宮を覆っている。東京中心部の休息所として多くの人々が訪れている。戦争犠牲者と戦犯を奉献した靖国神社とは性格が大きく異なる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    明治神宮を訪れるオバマ、韓国も日本も困惑

    2014.04.21 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    訪日予定のバラク・オバマ大統領は24日、明治神宮(写真)を訪問する予定だ。
    TOP