주요 기사 바로가기

日本などから来た女性たちが涙の歓呼…アジアを揺さぶる「ミュージカル韓流」(3)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.14 13:49
0
◆ライセンス契約で作品自体の輸出も

韓国語ツアー公演を中心に進められていたミュージカル韓流現象に最近、変化の兆候が見られている。ライセンス契約を通じて作品自体を輸出しようという動きだ。1月17日から2月27日まで東京など日本の7都市では、韓国創作ミュージカル『シャーロックホームズ~アンダーソン家の秘密~』の日本語公演が行われた。日本の大型ミュージカル制作会社「東宝芸能」が、国内制作会社からライセンスを買って作った作品だ。日本の有名ミュージカル俳優である橋本さとしと一路真輝がホームズとワトソン役を演じ、朝日・読売新聞などがレビュー記事を扱った。平均客席占有率は90%に達した。

この1年間、韓国ミュージカル専用映画館で運営された東京のアミューズミュージカルシアターで『風月主~美しきファランの禁断の愛~』『あなたの初恋探します』など8編を公演したCJE&Mパク・ミンソン公演事業部長は「アイドルスターなしに一般の韓国俳優だけには日本国内の興行に限界があるのが現実」としながら「今は作品のライセンスを売って現地化させる段階で、ミュージカル韓流のレベルをアップグレードしなければならない」と話した。

現在、ソウルの忠武(チュンム)アートホールで初演中の創作ミュージカル『フランケンシュタイン』も海外制作会社とライセンス契約を検討中だ。忠武アートホールのキム・ヒチョル企画本部長は「初公演の前から日本・中国の制作会社からの問い合わせが続いていた」としながら「特に日本では4社が同時に契約希望の意思を明らかにしてきており、これらの会社の中で制作能力がより良いところがどこなのか調べているところ」と話した。
日本などから来た女性たちが涙の歓呼…アジアを揺さぶる「ミュージカル韓流」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP