주요 기사 바로가기

「日本人観光客が来なくて…完全に終わったようだ」…韓国南大門商人の声(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.14 09:17
0
金を借りて何とか持ちこたえている。鬱憤がたまるほど苦痛だ。銀行融資ができないから。財産だの信用だの調査されることが多くて。私がここで40年商売をしたことも認めてもらえない。2年前に店を息子の名義で変えたために「40年伝統のソウル商会」ではなく2年ほどの店になってしまった。理解できない。仕方なく社債を書いた。南大門に日済しドルを貸す人々がいるだろう。その人々は私を信じてくれるから。この場所で40年間365日一日も休まずで旧正月もお盆も毎朝7時から夜10時まで営業しているんだから、お金を借り倒して逃げるような人じゃないということだよ。ところが社債は利子がとても高くて。銀行の借金だけ使えても、はるかにましだ。

店をやめる考えはないかって。当然考えてみたよ。今でもすぐに皆途中で止めて韓国人を相手にするカルグクス食堂の商売でもしたいところだ。しかし私が店をたためばウチの職員はどうなるのか。3人だが、勤続は最低10年、最高30年になった。家族と同じようなものだ。だからそのまま雇っていく。私が日本語の学校にみな送って勉強させた。外国語を話す高級人材だと月給300万ウォン以上の職員もいる。実のところ給料を5カ月間出せなかった職員もいた。家を売ってでも私がどうにかして給料を出す。

正直言って、日本とはもう完全に終わったようだ。こんな商売は、ほとんどみな店を閉めるだろう。ウチは日本の常連客が本当に多かったから。(日本の住所が書かれた配送状がたくさん張られた、ぶ厚いノートを見せて)これが電話注文を受けて日本に送る私たちの「常連ノート」だ。以前は1、2カ月でノートがいっぱいに埋まった。15年越しの常連客も多かった。(壁に張った注文紙を示して)これは昨年の秋に松茸を注文したものだが、今月に来てお金を支払うって。先月、海苔2万円分を送ったお客さんは来年に韓国に来てお金を支払うって。こんなふうにお互いに信じ合える常連客も、この頃注文が急に途切れた。「ヨン様」の頃は、本当に日本のお客さんがどっと押し寄せたよ。キムチチョコレートのようなものもいっぱい買っていって。本当にものすごかった。はたして中国の人々が、昔の日本のお客さんが集まるようにたくさん来てくれるのだろうか…。
「日本人観光客が来なくて…完全に終わったようだ」…韓国南大門商人の声(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「日本人観光客が来なくて…完全に終わったようだ」…韓国南大門商人の声(2)

    2014.04.14 09:17
    뉴스 메뉴 보기
    店の壁に張ってあった日本の電話注文と日本行きの配送状で埋め尽くされた「常連ノート」。
    TOP