주요 기사 바로가기

韓日米首脳、来週ハーグで3者会談開催か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.20 08:06
0
オランダ・ハーグで開かれる第3回核セキュリティ・サミット期間中(24~25日)、韓日米首脳会談が開催されるものと見られる。バラク・オバマ米国大統領が北核イシューをテーマに朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相を招く形式になるというのが韓国政府の説明だ。

政府の核心関係者は19日、「核セキュリティ・サミットのテーマが核であり、米国が北核問題をテーマに韓日の首脳が会うことを強く希望すれば、われわれには拒否する名分がないと考える」とし、「韓日米の首脳が顔を合わせる環境はある程度整っており、その方向に向かっている」と述べた。この関係者は「会談は米国が提案したが、われわれがこれに応じない場合、国際社会でも日本より韓国に対する良くない世論が形成されるおそれがある」とし、「韓日米の実務外交ラインがすでに調整に入っていると理解している」と付け加えた。別の政府関係者は「可能性を残しておきつつ、日本の態度に注視している」とし、「流れが大きく変わったことは間違いない」と雰囲気を伝えた。

ハーグで3者会談が行われることになれば、朴大統領と安倍首相は初めて議題をめぐって言葉を交わすことになる。しかし韓国政府は3者会談でなく2者会談である韓日首脳会談に対してはまだ条件が整っていないとの理由で一線を画している。青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこの日、国家安全保障会議(NSC)を開き、韓日米首脳会談に対する多角的なシナリオを検討した。安倍首相が日本軍の強制動員慰安婦を認めた河野談話を継承するという立場を明らかにし、26日に予定されている教科書検定の結果発表を4月初めに延期した点などについて、韓国政府は比較的肯定的な信号と見ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP