주요 기사 바로가기

米海軍特殊部隊、北朝鮮国旗を掲げたタンカーを拿捕

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.18 08:13
0
米国海軍特殊部隊「Navy SEALs(ネイビーシールズ)」がリビア当局が逃した北朝鮮国旗のタンカーを拿捕した。

AP通信によると、米海軍特殊部隊は16日(現地時間)、キプロス沖近くの地中海公海上で「モーニンググローリー」号を制圧してリビアに強制連行中だ。米国国防部のジョン・カービー報道官は「リビアとキプロス政府の要請でネイビーシールズがキプロス公海内で『モーニンググローリー』号を掌握した」と明らかにした。また「船舶は無国籍で、リビア国営石油会社(NOC)の石油のほか、違法取得した貨物を載せていた」と説明した。

「モーニンググローリー」号は今月8日、リビア政府の警告にもかかわらず、リビア反乱軍が掌握した東部エス・サイダー港で原油23万4000バレルを積み込んでおり、問題になっていた。この3日後、船舶は反乱軍と銃撃戦を行ったリビア当局に統制権を奪われ、リビア海軍の護衛を受けて強制連行される過程で悪天候を利用して公海上に脱出した。

リビア政府は国家財政の打撃を減らし反乱軍を統制するために原油輸出を防ぐ努力を行っている。リビアのアリー・ゼイダーン首相もテレビに出演して「タンカーが(原油積載を禁止した)リビア政府の指示を無視する場合、港を離れる時に爆撃を受けるだろう」と警告したことがある。この事件でリビアではアリー・ゼイダーン首相が議会から電撃解任されるなど波紋が広がった。

「モーニンググローリー」号が北朝鮮船舶であるかは確実でない。北朝鮮はこの船舶は自分たちとは関係がないとし、責任はないと主張している。AFP通信など外信は「モーニンググローリー」号は北朝鮮の国旗を掲げていたが北朝鮮船舶だと断定することはできないと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP