주요 기사 바로가기

北朝鮮国旗掲げたタンカー、リビアの反政府勢力掌握地で原油船積み

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.10 08:42
0
リビア政府の爆撃警告にも北朝鮮の国旗を掲揚したタンカーが8日夜、反政府勢力が掌握した港で原油を船積みしたとロイター通信が伝えた。反政府勢力掌握地域から原油が輸出されないよう努めたリビア政府の努力は失敗に終わった。国家財政に打撃を受けるだけでなく、自らの財源を確保した反政府勢力を統制するのがさらに難しくなることになった。

リビア国営石油公社報道官はこの日、北朝鮮国旗を掲揚したタンカー「モーニンググローリー号」がリビア東部のシドラ港で原油を積み出したと明らかにした。これに先立ちリビアのジダン首相はテレビに出演し、「タンカーが(原油の船積みを禁止した)リビア政府の指示を無視するならば港を離れる時に爆撃されるだろう」と警告した。

北朝鮮国旗を掲げたタンカーが地中海を運航するのは異例だ。しかし北朝鮮国旗を掲げたからと北朝鮮の船舶と断定することはできないとAFP通信は伝えている。リビア石油公社はタンカーがサウジアラビア企業の所有だと話した。ロイター通信によると、この船は過去に「ガルフグローリー号」と呼ばれ、最近になり所有者が変わった。リビアのサウジ大使館は「サウジアラビア政府とタンカーはまったく関係がない」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP