주요 기사 바로가기

24時間運営の東大門デザインプラザが21日にオープン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.04 11:03
0
開館展示では「訓民正音解例本」をはじめ申潤福(シン・ユンボク)の絵画など59点の国宝・宝物級文化財を展示する「澗松(カンソン)文化展」が準備された。澗松美術館の所蔵品が外部展示されるのは美術館設立から76年で初めて。

またDDPを設計したザハ・ハディッドの作品を紹介する「ザハ・ハディッド展」も開かれる。この展示会ではザハ・ハディッドの建築物のほか、金属素材で作った靴のノバシューズやソファーなど曲線美が強調されたザハ・ハディッドの作品を見ることができる。イラク出身のザハ・ハディッドは建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を女性で初めて受賞した。2020年の東京五輪メーンスタジアム、2022年カタール・ワールドカップスタジアム設計を担当した世界的な建築家だ。

ザハ・ハディッドはオープンに先立つ11日に訪韓して記者懇談会を開き、12日午後3時にはDDPで開かれる「ザハ・ハディッド360°」フォーラムに参加する。

ザハ・ハディッドは「非定型建築」の大家だ。DDPもやはりそれぞれ異なる平面を持つ4万5133枚のアルミパネルで囲まれている。遠くから見れば巨大なモザイク作品のように見えたりもする。外壁に使われた金属パネルを地面に広げるとサッカーコート3面が必要だ。施工者であるサムスン物産は非定型設計を完成するため3次元立体設計方式を採択した。既存の紙図面方式では施工自体が困難だったためだ。ソウル市はDDP自体が芸術性のある作品であるため観光客が集まると期待している。
24時間運営の東大門デザインプラザが21日にオープン(傂)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP