주요 기사 바로가기

<ソチ五輪>17歳「ヨナキッズ」たち…「クイーン」キム・ヨナの後継者になれるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.21 16:50
0
彼女たちは、名前よりも「ヨナキッズ(Yuna Kids)」というニックネームでより知られた。「フィギュアクイーン」キム・ヨナ(24)の活躍に魅了されてフィギュアスケートに入門した世代だからだ。ソチ冬季オリンピックを控えて女子シングル2連覇に挑戦したキム・ヨナにスポットライトが集まる中、相対的に関心を集めることができなかったが彼女たちは、意に介さなかった。2013年世界選手権で優勝して自分たちにオリンピック出場権をプレゼントしてくれた「クイーン姉さん」に感謝する気持ちで練習にまい進した。今大会を最後に王冠を下ろすキム・ヨナに代わって4年後の平昌(ピョンチャン)オリンピックで韓国フィギュアを導く2本柱、パク・ソヨン〔17、新木(シンモク)高〕とキム・ヘジン〔17、果川(クァチョン)高〕にとっては、小さな試行錯誤さえも良い経験となった。

20日、ソチアイスバーグスケートパレスで終わったフィギュアスケート女子シングルショートプログラムは、パク・ソヨンとキム・ヘジンの潜在力を確認できた舞台であった。2人は初めて出場したオリンピック本戦の舞台で冷静な演技をして注目された。ショート曲に指定した『白鳥』に合わせて白いドレスを着て1羽の白鳥に変身したパク・ソヨンは、技術点25.35、芸術点23.79を取って計49・14点で23位に上がった。続けて青いドレスを着て『シェルブールの雨傘』の旋律に合わせて滑ったキム・ヘジンは、技術点29.23、芸術点25.14、計54.37点で18位にランクインした。自分たちのシーズン最高点数(パク・ソヨン55.91点、キム・ヘジン57.48点)には及ばなかったが、プレッシャーのかかるオリンピックデビュー戦を無難に終えられた。2人とも全24人が参加するフリープログラムに出場して技量と経験を積んだ。

完ぺきではなかった。緊張感のせいか競技序盤に失敗をした。パク・ソヨンは最初の課題であるトリプルサルコ―トリプルトーループのコンビネーション・ジャンプを1回だけ飛んで0.30点が削られた。キム・ヘジンもまたトリプルルッツが不安定な着地で1.80点を減点された。幸い、すぐに回復した。パク・ソヨンは失敗直後、次の課題であるトリプルルッツの後にダブルトーループを付けて2連続ジャンプをすっきりと成功させた。最後のジャンプであるダブルアクセルも無難にこなした。キム・ヘジンもまた、以後に試みたトリプルフリップ+ダブルトーループのコンビネーション・ジャンプとダブルアクセルを失敗なくこなした。

演技後の2人の選手は満足そうだった。当初の目標に定めていたフリープログラム出場の夢を叶えた上に、オリンピックの舞台を直接体験して自信を得たからだ。パク・ソヨンは「全身が震えるほど緊張した」としながら「オリンピックですっきりした舞台を見せたかった。もう少し落ち着いてやれば良かった」と話した。キム・ヘジンは「緊張感をどのように対処すべきか学んだ」としながら「次回は競技を楽しみながら、できることをすべてやって出せたらいい」としっかりした姿を見せた。

キム・ヨナは代表的な天才型スケーターだ。16歳だった2006年にすでに国際スケート連盟(ISU)フィギュアスケートシニアグランプリファイナルで1位を獲得し、東京世界選手権ではショートプログラムで71.95点と世界新記録を打ち立てた。パク・ソヨンとキム・ヘジンはキム・ヨナほどの成長速度はないが、焦っていない。4年後の2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックで頂点に上がるという目標が確かなためだ。キム・ヨナもまた自身の代を引き継ぐ2人の後輩に「けがに気をつけながらじわじわ実力を引き上げればいい」と励ました。

4年前の2010バンクーバーオリンピック時は、クァク・ミンジョン(20)がキム・ヨナとともに出場した。当時クァク・ミンジョンはショートプログラム53.16、フリープログラム102.37を取り、総点155.53点で13位に上がった。だが2011年アスタナ・アルマティ冬季アジア競技大会で銅メダルを取った後は腰と足首の負傷のためになかなかコンディションを回復できずにいる。
【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ソチ五輪>17歳「ヨナキッズ」たち…「クイーン」キム・ヨナの後継者になれるか

    2014.02.21 16:50
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヘジン(左)とパク・ソヨン。
    TOP