주요 기사 바로가기

韓国は「先進市場の尾」でなく「新興市場の頭」…韓国ウォンが理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.07 08:52
0
このため韓国は急いで「竜(先進国)の尾」に乗るべきだという指摘が出ている。単に投資金の規模の問題ではない。お金の質にも差がある。パク・ジョンス金融投資協会長は「新興国投資ファンドには短期資金が多い半面、先進市場の投資家は長期的かつ安定した収益を追求する傾向がある」とし「韓国の株式市場の海外投資金はおよそ半分が短期投資中心のヘッジファンド」と述べた。

すべての機関が韓国を新興市場として扱っているわけではない。FTSE、S&Pなどはすでに韓国を先進指数に入れている。しかしMSCIに従うファンドの比重が全体の70%を超えるほど圧倒的だ。MSCIも2009年から韓国を先進市場入り候補に含めている。上場企業数(世界9位)、時価総額(世界13位)などの規模や開放性では先進市場として遜色がない。しかし昨年まで5回も先進指数入りに失敗し、今年も展望は明るくない。

決定的な理由は韓国ウォンだ。韓国取引所のキム・ギギョン証券先進化チーム長は「MSCIの要求の核心は、外国人投資家が韓国ウォンを自由に取引できなければいけないという点」と伝えた。これによると、外国投資家の立場では韓国投資の最も大きな障害物は韓国ウォンだ。ソウル外国為替市場は午後3時には閉鎖する。韓国ウォンが国際化しないため、韓国の国外で取引するほどの市場もない。このため取引費用も高く、ファンド価格をその都度正確に算定するのも難しいという主張だ。

 
しかし先進指数に入るために為替政策を急に変えるのは難しいというのがジレンマだ。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の「北東アジア金融ハブ戦略」で弾みがついた韓国ウォンの国際化は2008年のグローバル金融危機後、停滞した状態だ。韓国ウォンの安定が政策の最優先順位になったからだ。政府関係者は「数回の危機局面で韓国経済をがけっぷちに追い込んだのは株価ではなく為替」と強調した。

しかしこのままではいけないという指摘もある。キム・ヒョンテ院長は「MSCIの顧客である海外大型機関投資家を対象に、韓国市場の先進市場編入の必要性について説得していく戦略を駆使する必要がある」と述べた。KB金融経営研究所のイ・ミソン研究委員は「韓国ウォンの国際化はすぐに実現することではないが、金融市場全体の発展のために必須不可欠であるだけに、長期的なロードマップ提示と持続的な推進が必要だ」と話した。


韓国は「先進市場の尾」でなく「新興市場の頭」…韓国ウォンが理由(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP