주요 기사 바로가기

個人負債1000兆ウォン…韓国の平均的な借入者の姿は?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.23 09:58
0
事実住宅価格さえ上がれば、負債の負担はこれほど大きく感じられはしないでしょう。私の資産3億6583万ウォンの大部分が不動産ですから。最近は不動産価格が良くないですが、それでも私が住んでいるマンションの価格は今後これ以上下がりはしないものと期待します。うまくやれば上がるかも知れませんし。すでに首都圏のマンション売買価格は先週まで5週連続で上がったというじゃないですか(国民銀行)。韓国開発研究院のアンケート調査でも専門家の半分以上が「今年の不動産売買市場は上昇するだろう」と予想しましたし(KDI不動産市場モニタリング報告書)。

それではもし余裕資金ができたり所得が増えればまた不動産に投資をするかですか? そうですね。気持ちは半々でどちら側にも傾かないですね。私たち夫婦の老後の備えや賃貸収入用として投資するかもしれないし、その一方で不動産価格の見通しが不確実だったり。ひとまずいまあるお金は銀行に預金として預けています。何といっても投資する時は安全性が最高です。

年齢を重ねながら最近の心配はリタイア後にどのように暮らすかです。老後の準備? ほとんどできていません。どこにそんな準備をするひまがあったでしょうか。定年も伸びたので、いつまでもお金を稼ぐしかないのに。希望引退年齢は65歳です。いまの職場からはその前に出たとしても、それまでは金を稼がなくてはならないでしょう。100歳時代なのに。大雑把に1カ月の生活費として255万ウォン程度あれば妻と2人で適当に暮らせるはずです。月255万ウォンはどうしても難しいでしょうか。それなら最低月173万ウォンでも。その程度あれば私たち夫婦が生計を維持できるようですが。専門家も「持ち家があり、健康が良好だと仮定すればリタイア後に夫婦が生活するのに基本生活費だけで2260万ウォン(約月188万ウォン)はかかり、健康が悪く長期療養が必要ならこれに年1000万ウォンがさらにかかる」(サムスン生命引退研究所ユン・ウォンア責任研究員)と話していました。「不動産まですべてはたいても引退者の50%は必要な老後の生活費を用意するのが難しい」とも。やはり老後の準備は大きな心配です。借金も返さなくてはならないのに。
個人負債1000兆ウォン…韓国の平均的な借入者の姿は?(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP